求人情報

求人情報

教育を通して社会に貢献したいスタッフを募集しています。

エンジニア(開発)スタッフ紹介

先輩社員紹介 No.01

「縁の下の力持ち」として全社を支えていきたい。

エンジニア(開発)
所属 : プラットフォーム事業部
入社 : 2008年

「実力を試してみたい」そんな気持ちを受け止めてくれる会社。

学生時代に独学で習得したプログラミングの実力がどこまで通用するか試してみたい…というのが志望の動機でした。当時の私には実務経験がなかったためこの挑戦を会社が受け入れてくれるか不安でしたが、面接のときに思い切って気持ちをぶつけたところ、快く受け止めてくれたのは嬉しかったです。

数か月の研修期間を経て最初に配属されたのは学校法人や、企業でeラーニングを活用しスクールビジネスを始めるお客様向けにeラーニングを提供するソリューション事業部(2013年現在は市場別に分けており、文教ソリューション事業部、ビジネスソリューション事業部の二事業部の体制)。部内ではプロジェクト毎にチームが編成されており、受注までをコーディネータが担当し、受注後はそのプロジェクトのマネージメントを行うディレクタと開発に引き継がれます。開発は要件定義、設計、実際の開発、管理までを主な業務としていますが、配属された当初はシステムの動作テストからスタート。だんだんと業務の全容が見え始めてできる仕事の幅も広がり、2年目には要件定義や設計まで任せてもらえるようになりました。

基幹システムを開発する部門へ異動。「縁の下の力持ち」として全社を支える。

自分でも成長の手応えを感じ始めた4年目に人事異動の話があり、学校法人や企業へのeラーニング提供を行う事業部から、デジタル・ナレッジの基幹システムの開発を行うプラットフォーム事業部へ。 社を支えるシステム開発に携わる重責からプレッシャーも感じましたが、それ以上にこのポジションを私に任せてもらえたことの嬉しさと、使命感のほうが強かったと思います。

この事業部へ移り、開発の視点も大きく変わりました。以前は学校法人や企業などの“顧客”視点で進めていましたが、現在は市場毎に存在する各事業部のスタッフ -お客様の受注をとりつけるコーディネータやプロジェクトのマネージメントを行うディレクタ、お客様の要望をシステムに落とし込む開発- にとって基幹システムがどういう仕組みであれば良いか、収益化や効率化、利便性など多面的な視点をもって業務を進めています。 具体的には基幹システムの開発・管理のほか、他事業部のプロジェクトのサポートや他社製品とのシステム連携に関わる技術的な調整…など山ほどありますが、やりがいや達成感のある仕事だと思っています。

デジタル・ナレッジだから実現できること。

“開発担当”といっても技術的な知識や開発手法だけでなく、顧客との折衝なども含めてプロジェクト全体の進行に携わることができます。私はシステムエンジニアとして要件定義や設計、開発マネージメントなどのプロフェッショナルになることを目標としているため、プロジェクト全体に携わることができるデジタル・ナレッジの環境はとても勉強になり、また成長を実現できる場だと感じています。

市場的にみても教育へのタブレット導入などIT化が注目されており、今後ますますeラーニングは拡大していく業界だと思います。その中で、当社のeラーニングをどう展開していくか- 私たちだからこそ実現できるeラーニングの開発に向けて、これからも頑張っていきたいと思います。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ 人材募集担当:庄司 彩子
プライバシーマーク
goto top