【インタビュー】株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
国内宅配ピザ市場のパイオニアが語る!「eラーニング研修で最もこだわったこと」


domino-01

経営管理部 情報システム課 課長 加藤様
Domino’s University 課長 小原様
経営管理部 情報システム課 シニアスペシャリスト 山下様
(左 → 右)


eラーニング研修システム「Mammoth(マンモス)」の導入により、研修時間の短縮や売り上げの増加、退職率の低下などさまざまな効果を上げている株式会社ドミノ・ピザ ジャパン様。全国約300店舗におけるアルバイト店員の教育用に開発された本研修は、単なるeラーニング上の学習に留まらず、OJTと連動しており受講が即業務でのスキルアップにつながる点が画期的と言えます。どのようにしてこの研修システムが誕生したのでしょうか。同社の3名のスペシャリストの方々に詳細をお聞きしました。


まず最初に、eラーニング研修「Mammoth」の概要について教えてください。

ドミノ・ピザは現在全国に約300店舗を展開しており、年間数千人のアルバイトスタッフが入社します。
eラーニング研修は主にこのアルバイト店員を対象としており、基本的な店舗実務から店舗運営、店長業務までを網羅、すべて修了することで店長を目指せるツールとなっています。

主なコンテンツ内容は?

オリエンテーション動画からピザの作り方、ドライバー知識、食品の取り扱いなどがあり、段階的にレベルアップしていける内容になっています。動画コンテンツも用意し、分かりやすさを追求しました。

とくにこだわった点はありますか?

実務研修(OJT)と組み合わせた点です。eラーニングをOJTと連動させ、学習→実践→習得という流れを構築しました。
受講者にとっては、eラーニング上での学習進捗が即実務でのステップアップにつながります。“ただeラーニングでコンテンツを見て終わり”ではなく、勉強し、実践し、業務でのスキルアップにつなげることが重要。
これまで人から人へといわば一子相伝でやり方を教えてつないできたことを、eラーニングに取り込むことができました。

アルバイトの皆さんはいつ、どのように研修コンテンツを見られていますか?

勤務時間に実際に作業をしながら、あるいは休憩室で受講というパターンが多いです。個人のスマートフォンで見る人がほとんどですね。
eラーニング自体は個人のPCやタブレットなどでも視聴可能ですし、自宅や外出先でも見ることが可能です。

研修をオンライン化するにあたり、特に解決したかった課題は何でしょうか。

出店のペースが加速しており、それに呼応して人材育成にもスピードが求められている状況でした。そのため、いつでもどこでも最新の情報が学べるeラーニングを導入することで、研修を効率化するのが狙いでした。
スマートフォンで学べるようにしたのもそれが理由です。

eラーニング導入後、どのような変化がありましたか?

これまではトレーナーが傍について一つひとつ教えていましたが、個人学習や次の日の業務に向けた予備学習が可能になったことで、今まで2時間かかっていたトレーニングが1時間で済むなど研修時間の短縮化、効率化が実現できました。
また、店長の個人スキルなどに左右されず、同一研修を全店舗で提供できるようになった意義も大きいと感じています。

売り上げなどへの影響はありましたか。

研修を頑張っている店舗では、店舗における事故も減り、売り上げも上がり、監査での評価も高いという結果が出ています。
また、退職率の低下にもつながっています。これは、店長によるアルバイトスタッフへの評価体制が整ったことにより、店舗内のコミュニケーションが円滑になったのではと考えています。

社内外の反響は?

年に数回行うキャンペーンでは、その都度マニュアルを見て新しいピザの作り方などを学習する必要があります。
eラーニングでは受講履歴が取れますので、適切な受講促進になり、商品やサービスのクオリティをより高めることが可能となりました。海外のドミノ・ピザでもここは苦戦している所が多いようで、受講促進ができて良いという評価を頂いています。

eラーニングシステムの選定時にとくに重視された点は?

弊社の要望は主に3点ありました。第1に、カスタマイズができること。インターフェースに手を加えたり、またOJTとの連動は必ず実現したかったのでそれが可能な会社が絶対条件でした。第2に費用。第3に、導入日が決まっていたのでそれに間に合うよう最短でリリースができるところ。約20社の中から2社に絞り、最終的にデジタル・ナレッジさんにお願いしました。

最終的な決め手は何だったのでしょうか?

最終選考に残ったもう1社から「トップページのカスタマイズは全くできない」と最後の最後に言われてしまったんです。
我々がこだわったインターフェースのカスタマイズやOJTとの連動などは、eラーニングの機能では通常は対応できない部分だと思います。そこを理解した上で「ぜひやりましょう」といってくれたのはデジタル・ナレッジさんだけ。私たちが実現したい世界を理解してくれて、あらゆるカスタマイズを実行して頂き、「Mammoth」を形にすることができました。

たしかに、トップページを見ると元々の面影がないほどカスタマイズされていますね。

ログイン後のトップページには、それぞれが完了しているステップ数がレベル別に表示されるほか、全国におけるランキングや月間ランキングなども表示されており、スタッフのやる気を高める一因にもなっているようです。
また、学習進度に応じて成長していくアバタ―も実装しています。これはデジタル・ナレッジさんよりご提案いただいたものです。

実際の使い勝手はいかがですか?

コンテンツの作成が容易にできるところや、コンテンツ更新の時にすぐに差し替え可能な点がいいですね。
また、一般的な動画ファイルやパワーポイント(PPT)に対応しており、eラーニング専用のデータを作らなくても済む点も助かっています。

今後の展望をお聞かせください。

宅配ピザを日本に導入したのは我々ドミノ・ピザです。日本の宅配ピザ市場を切り拓いたパイオニアとして、店舗数、サービス、クオリティなどすべてにおいて他には負けないようにしていきたい。
そのために重要なのが人材教育であり、その中枢をこのeラーニング研修システム「Mammoth」が担っていってくれると考えています。

  

コンテンツ

domino-02
完了ステップ数やランキング、学習進度に応じて成長するアバタ―などが表示されたトップページ(PC版)

domino-03
こちらはスマートフォン版のトップページ。個人のスマホでの受講が圧倒的多数だという

domino-04
オリエンテーション動画からピザメイク、ドライバー知識、店長業務までを網羅

domino-05
eラーニングはOJTと連動しており、eラーニング受講が即実務でのスキルアップにつながる


ご利用いただいた製品・サービス


お客様情報

名称 株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
創業 1985年9月
設立 2011年7月
本社 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-10-3 紀繁ビル4・5F

プライバシーマーク
goto top