DK

eラーニング教材(コンテンツ)

eラーニングで使われる教材は「コンテンツ」とも呼ばれます。
教材(コンテンツ)はeラーニングの教育効果やサービスの良し悪しを左右する重要な要素のひとつです。

eラーニングが誕生した当初は、紙テキストをそのまま電子化したような簡易的なコンテンツがほとんどでしたが、近年では音声やアニメーション、映像を多用したコンテンツが主流となっています。なかでもここ数年で圧倒的にシェアを伸ばしているのが、動画・映像教材です。今や多くの企業や塾、学校において映像コンテンツや動画教材の活用はごく一般的となりました。さらに最近では、新たな映像表現として「VRコンテンツ」に注目が集まっています。


eラーニング教材(コンテンツ)の変遷

時代と共に移り変わってきたeラーニングコンテンツ。ここでは、コンテンツの形式や作り方を5つに大別してご紹介します。なお、eラーニングの教材(コンテンツ)には小テストやドリルなどのアウトプット学習教材も含まれますが、ここでいうコンテンツとは説明や解説で使うインプット学習の教材に限定します。

1.資料アップロード型

紙テキストを電子化したり、WordやPowerPointなどの既存の文書ファイルをそのままアップロードして配信するものです。最も手軽な方法のひとつですが、表現力やわかり易さという面では後述するその他のコンテンツに劣ることから、その利用は限定的です。


2.テキスト修飾型

1に音声やアニメーションなどを組み込んだものです。
テキストを音声で読み上げたり、進行に合わせて書き込みやアニメーションを付加します。文字情報だけではない表現を加えることで、1に比べてわかり易い教材を実現できます。


3.ストーリー型

キャラクターが登場し、スライドやアニメーションを用いて説明してくれる形式です。
主にFlashで作成されています。その見た目の平易さや親しみやすさから、子供向けコンテンツはもちろん、様々な階層の多くの人が受講する企業内研修などでも使用されています。1つのコンテンツで様々な階層の多くの人が受講したり、できるだけわかり易く教材を提供したい場合に今も採られる手法です。デメリットとしては、シナリオ作成や絵作り、ムービー作成に手間がかかることが挙げられます。


4.講義再現型

講師の授業を再現した動画教材です。
講師を映す小画面と、黒板やスライドを模した大画面とを配置し、講師の講義映像に合わせて、黒板やスライドへの書き込みや指差しなどを再現します。長らくスタンダードな形式として広く使用されており、当形式で教材作成ができるツールが多数発売されています。リアルな講義と同等の表現力を持ち、わかり易く、比較的導入し易いというメリットがあります。


5.動画収録型

4の講義再現型をさらに進化させ、講師だけでなく黒板なども含めた授業そのものを撮影収録しコンテンツ化した動画教材です。
4の講義再現型では黒板やスライド部分を特別なオーサリングソフトを使って再現する必要がありましたが、この「動画収録型」なら講義を丸ごと撮影するだけで済み、余計な負担がありません。さらに、パソコン、タブレット、スマートフォンで再生できるためマルチデバイスにも有利です。そのためここ数年でこうした動画教材の利用が急増しています。

動画・映像教材の最新トレンド

このように、ひと口に教材(コンテンツ)と言っても様々な形がありますが、インターネットの発達や手軽に教材作成が可能なツールの普及により、近年では動画・映像教材、とくに動画収録型の利用がスタンダートとなりつつあります。動画教材の広まりとeラーニングの進化には密接な関係があり、それぞれが影響し合って次のようなトレンドを作り上げています。

動画教材による実践型eラーニングの増加

ここ数年で企業におけるeラーニングの使われ方が大きく変わってきたことはご存知でしょうか。
これまで企業が提供するeラーニングといえば、個人情報保護などの全社共通の知識や基本的な社会人マナーなどが多く、受講対象者はデスクワーカーが主でした。

ところが、最近では店舗や飲食店、工場、医療などの現場で働く人たちを対象に、実際の動作や作業手順などをeラーニングで扱う「実践型eラーニング」が増加傾向にあります。ここで活躍するのが動画・映像教材です。作業手順や操作方法、調理方法、接遇といった、これまで口伝やOJTで教えていた現場のノウハウを映像教材化することで、場所を問わず大人数によりわかり易く伝えることが可能となり、現場の人材育成が変わろうとしています。そしてこの背景には、スマートフォン、タブレットなど持ち運びができて起動時間が短く、直感的に操作できて場所をとらないデバイスの普及があります。

マルチデバイス化にも適した動画教材

スマートフォンやタブレットといったデバイスの普及は、eラーニングの受講環境を大きく変えました。かつてeラーニングはパソコンでの学習が前提でしたが、昨今はスマホやタブレットなどを含む様々な環境(マルチデバイス)で学習する環境が一般化しています。そこで注意すべきは教材の形式です。たとえば、広く使われているFlash教材はiPhoneやiPadでは再生ができません。eラーニングのマルチデバイス化を考えたとき、独自形式の教材は各端末にあわせて作り直す必要が生じます。一方、動画教材はフォーマットさえ調整すればすべてのデバイスで再生できるため、昨今のeラーニングのニーズにマッチしてると言えます。

「スマホファースト」「スナックラーニング」で動画教材もショートタイプへ

上記の流れがさらに加速し、「スマホでも」学習できる環境から「スマホを第一に考えた」学習スタイルも増えています。このようにスマホでの学習を前提とした学習スタイルを「スマホファースト」といいます。とくに若い年齢層を対象とした教育サービスでは、このスマホファーストの考えをとる傾向が強まっています。スマホ学習では一から十まで順を追って学習するのではなく、要点だけをささっと学習する「スナックラーニング」が適しています。そのため使用される動画・映像教材も、従来よりもぐっと短い1~2分程度のものや、場合によっては30秒程の非常に短いコンテンツが多用されているのが特徴です。

動画・映像教材のバリエーションと最新機能

動画教材は、教室での授業や講義を据置きカメラでそのまま収録したものから、テレビ番組のように脚本・演出が施されたもの、クロマキー合成技術を取り入れたものなど様々なバリエーションがあります。動画教材作成ツールも目覚ましい進化を遂げており、たとえば、スロー再生や倍速再生が可能な“再生速度コントロール”により「外出時のすきま時間を利用してスマホで映像教材を倍速視聴」といった学習スタイルも実現可能となりました。また、デバイスをまたいだ“つづき再生機能”により「自宅のPCで学習した続きを通勤中にスマホで視聴する」といった使い方も可能となっています。


新たな映像表現「VR」の教育活用とは

教育に使える新たな映像表現として今、急速に注目を集めているのが「VR」です。
VRとはVirtual Reality(バーチャルリアリティ)の略で、人工的な環境を作り出しあたかもそこにいるかのような感覚を体験できる技術のことです。日本語では「仮想現実」「人工現実感」とも呼ばれます。

VRの最大の特長は、「仮想空間の中でまるで現実のような疑似体験ができる」点です。特殊な機器を身に着けることで、

  • 臨場感のある体験
  • 現実世界では再現しづらい体験を、
  • 現実と錯覚するような没入感の中で
  • いつでも、どこでも、繰り返し体験することが可能です。

こうしたVRの特性を教育の領域で活用できるのではないかという期待が高まっています。国内ではまだまだ少ないのですが、海外ではVRコンテンツの教育利用の事例が続々と誕生しています。

学校教育におけるVR活用例

  • 歴史的建造物にバーチャルトリップ(社会見学)
  • 人体や生き物の内部構造をVRで学習
  • 月面着陸など非日常な体験学習をVRで
  • 大勢の聴衆を前にVRで繰り返しプレゼン練習
  • 学生のうちから職業訓練や仕事体験

VRを使えば、アメリカにいながら万里の長城を見学するといった体験や本来は入れないような場所でも疑似見学することが可能です。また、大勢の前で発表をするプレゼン練習にもVRが活用されています。「100人の聴衆の前でプレゼンをする」といったことは、日常生活で繰り返し行うことはなかなか難しいですが、VRを使えば何度でも練習が可能です。

こうした学校教育の領域におけるVR活用は、子供の興味・関心を強く惹きつけるだけでなく、学習効果が上がるなどのデータも出てきているということです。

企業教育におけるVR活用例

  • 多拠点展開店舗の接客ポイント・調理のコツをVRでマニュアル化
  • 事前にVRでクレーム対応経験を積む
  • 火事・災害など「まさか」の事態をVRで事前体験
  • 機器の操作手順をVRの360°映像で立体的に説明
  • ベテランの体験をVR映像を通じて追体験し高度技術習得を早める
  • 費用がかかる経験をVRで一部実施し費用削減

企業教育におけるVR活用の最大のポイントは、バーチャル空間で実体験をすることで従来の研修では難しかった「経験値」を積むことができる点です。一人前になるために50の経験値が必要な場合、そのうち30をVRで経験する、といった使い方が今後は当たり前になってくるかもしれません。

VRの市場規模は2020年までに約8.4兆円に達するとも言われています。VRを取り入れたeラーニング教材やコンテンツも今後急速に増えていくのではないかと予想され、その動向が注目されます。


eラーニングとは

「eラーニングってなに?」そんな疑問にお答えすべく、基本の「キ」から解説します。

eラーニングのメリット

「企業研修」「教育ビジネス」「大学・高等教育」で期待できるeラーニングの効果とは?

eラーニングの歴史

eラーニングが誕生し普及した背景
~3つのターニングポイント~

eラーニング用語集

eラーニングにまつわる基本用語をまとめた用語集です。

eラーニング導入を成功させる3つのポイント

最適なeラーニングの選び方、オリジナルコンテンツ作成の秘訣、学習意欲を上げる最新手法について解説します。

プライバシーマーク








goto top