DK

eラーニングとは

情報(通信)技術を活用した学習――パソコンやスマホ、タブレットなどのデバイス上でインターネットを活用した学習のことです。

e + Learning
electricな、電子的な 学び

eラーニングとは

eラーニング(e-Learning / イーラーニング)とは学びを電子化したもの、つまり、パソコンやタブレット、スマートフォンを使ってインターネットを利用して学ぶ学習形態のことです。主に学習管理システム(※ LMS:Learning Management System )を使用した学習を指します。

※ LMS:Learning Management System
eラーニングを実施する際のベースとなるシステムで、ネットワーク上で教材を配信したり学習管理をするためのプラットフォームです。 多くのLMSは受講者がログインして学習する受講機能、教員や管理者が受講履歴や成績管理を行う管理機能からなります。eラーニングを提供するための根幹のシステムで、一般に「eラーニングシステム」や「eラーニングプラットフォーム」などと呼称されることもあります。 通常はGoogle ChromeやSafari、Microsoft EdgeなどのWebブラウザを用いたWebサービスとして提供されます。なお、「学習管理システム」という言葉のイメージから学習を管理するためのシステムと思われがちですが、管理者向けの学習管理というより、主には受講者に向けて学習しやすく効果の高い学習環境を提供することが主眼に置かれています。

学校や塾の学習、組織の人材育成等で、特定の場所に集合し講師が直接受講者に講義をおこなう〝リアルな教育〝に対し、「eラーニング」はパソコンやタブレット、スマートフォン等のデバイスを活用しネットワークを介して学習します。時間や場所にとらわれずに〝いつでもどこでも何度でも教育を受ける〝ことを実現した学習スタイルです。

教育にIT(アイティー・情報技術)を組み合わせた仕組みであることや、ネットワークを介した学習のため、「教育IT」「Webラーニング」「WBT(ウェブ・ベースド・トレーニング)」「オンライン学習」もeラーニングと同じ意味で使われることも多いです。

国内におけるeラーニングの普及は、今から約20年前、eラーニング元年といわれた2000年前後に遡ります。大企業や一部の先進的な企業が社内研修にeラーニングを活用し、取り扱う知識や教材・コンテンツの内容はMicrosoft Office (Word/Excel/PowerPoint)などの“ITリテラシ教育”や、就業規則やその他諸ルール、業務マニュアル、安全衛生など“会社の様々なルール” “代表の訓示・経営方針”を伝達することから始まりました。そして技術の発展とともにマルチメディアの特性を活かした英会話や、映像による接遇マナーなど、動画や音声を使った教材・コンテンツも生まれました。これらにより、社内研修の領域でeラーニングは高いコスト削減と研修効果の向上を実現しました。

そして、大学をはじめとする教育機関、塾や資格取得スクールといった様々な教育サービスで幅広く活用され始めます。

そのような中、デバイスに大きな変化が訪れます。スマートフォンやタブレットの爆発的な普及です。若い世代ではパソコンではなくスマートフォンやタブレットを利用する風潮があるため、若い人を対象としたeラーニング、例えば塾や予備校の学びはスマートフォン対応が進みました。そしてこの流れが企業内研修にも大きな影響をもたらします。

これまでは机の上に置かれたパソコンで学習する必要がありましたが、スマートフォンやタブレットは手元で学習が可能なため、従来不可能だった店舗教育や現場教育――主には接遇マナー教育、業務マニュアルのリアルタイム共有、新人スタッフ教育などが、パソコンの置かれた研修ルームではなく「働く現場」で実現可能となりました。

これらのことからeラーニングは、従来の“知識伝達・教育”のスタイルから、現場での経験を通してより印象的かつ効率的に学習を進め、業務成果に直結した学びの環境を提供する“経験学習”の領域にも広がりつつあり、eラーニングはいま、新たなステージを迎えようとしています。

eラーニングの使い方

eラーニングを使ってどのようなことが行われているのでしょうか?受講者、管理者(学習提供者)から見たそれぞれの使い方をご紹介します。

多くのeラーニングシステムは受講者がログインして学習する受講機能、管理者が受講履歴や成績管理を行う管理機能からなります。管理機能は「学習の進度はどのくらいか」「学習者がいつ何の教材を受講完了したか」「課題は提出したか否か」「テストは何点獲得し、合格したか否か」などを、管理者が一元的に把握できる機能です。また受講者のアンケート回答の集計や質問などへの返信ができるシステムもあります。 さらに教材が作成できる機能も加えて教材作成~学習~運用管理と、学習管理システムに必要な3大機能を標準搭載し、 eラーニングに必要な基本機能をワンストップで提供しているシステムもあります。(デジタル・ナレッジのLMS:knowledgeDeliver ナレッジ・デリバーは当システムのみでeラーニングの基本を全て手に入れることができます。 )

またデバイスの進化やインターネットの回線速度の向上によりパソコンのほか、「スマートフォン」「タブレット」といったマルチデバイス対応や、コミュニケーションツールの搭載、高画質動画配信をおこなっているeラーニングも多く、 生活のあらゆるシーンでシームレスに、そして理解度の向上も実現した学習環境の提供が進んでいます。

受講者(学習者)側

受講者(学習者)側のeラーニングのメリット

受講者に見やすく、わかりやすい直観的な操作での学習を可能とし、多種多様な受講者の学習スタイルにあわせた最適な学習環境が提供されている。教材を受動的に学ぶだけでなく、レポートを提出したりアンケートに答えたり質問をする、など管理者や講師とのやり取りができるほか、受講者同士のコミュニケーションを実現したツールを搭載したシステムもあり、インタラクティブ(双方向的)なやりとりが行われている。

インプット学習

  • ・テキスト教材で学ぶ
  • ・デジタル教科書や電子教科書で学ぶ
  • ・動画教材で講義を視聴する

    音声や映像ナビゲーション付きの臨場感あふれる教材が提供されています。

  • ・ライブ授業配信される講義をリアルタイムで受講する

アウトプット学習

  • ・テストを受ける

    学習内容の定着や振り返りに欠かすことのできない理解度テストを受けられます。

    テスト結果はレーダーチャートで表示・分析することができるシステムもあります。

  • ・レポートを提出する

    テキストもしくは添付ファイルにてレポートを提出することができるシステムもあります。


コミュニケーション

  • ・質問する

    学習を進める上でわからないところは質問機能を使って質問できます。

  • ・ディスカッションする
  • ・アンケートに回答する
  • ・発表する

その他

  • ・スケジュール/学習計画をたてる
  • ・学校や先生からの連絡を閲覧する

管理者(学習提供者・教材作成者)側

管理者(学習提供者・教材作成者)側eラーニングのメリット

成功するeラーニングの秘訣、それは毎日の運用管理にあるといっても過言でない。担当者様が抵抗なく直感的に扱え、かつ細やかな配慮が行き届いた運用管理機能を目指し、使いやすさと多機能性の両立を実現したシステムが提供されている。一方で「管理者側の工数の多さに運用面が心配」という声もあるが、実際にはLMSと呼ばれる学習管理システム(以下項目を参照)が支援する部分が多く、大規模なeラーニング運用をわずか数名の担当者が行っているケースも多い。

受講者登録

  • ・受講者グループを作成する(学部・学科/支社部門など)
  • ・受講者を登録する

履修登録

  • ・誰に何をいつ受講させるか(履修)を登録する

教材作成・登録

  • ・授業・講義を収録する
  • ・教材資料(PowerPointなど)を作成する
  • ・素材をもとに編集をする
  • ・テスト問題を作成する

コース作成

  • ・コース(章・単元などの学習項目や順番の整理)を作成する

受講管理

  • ・学習結果や学習進捗を確認、管理する

    受講者別、教科別での学習進捗や成績の閲覧も可能です。


メンタリング

  • ・学習進捗の芳しくない人に学習誘導を行う(メール/メッセージ/電話など)個別にメールを送信するなどのメンタリングが可能です。
  • ・質問や問い合わせに対応する

    受講者からの「質問」や「レポート」で未対応のものがあれば、その都度指導者の画面に表示し対応を促す機能も提供されています。 受講者の学習意欲を下げる対応漏れを防ぐ機能もあります。


その他

  • ・インフォメーションやメッセージを出す
  • ・学習計画の立案

eラーニングに必要なもの

eラーニングに欠かすことのできない2大要素、それは「学習管理システム」と「学習教材」です。

学習管理システム(LMS:Learning Management System)

インターネット上でeラーニングを配信するためのプラットフォームがLMSです。学習環境を提供すると同時に、

1.学習者と教材の登録・管理

2.受講管理(学習進捗や学習結果)

といった重要な機能が搭載されています。

これにより「どの受講者にどのコースを受けさせるか」「学習者がどの教材を学習・完了したか」「成績はどうか」といったことなどを一元的に管理できます。管理者側にとっては、一からシステムを構築する必要がなく、大規模な受講者や教材も統合的に管理できるという点で大変便利なシステムと言えます。

eラーニングの目的や使い方、対象者は導入先企業や教育機関によって様々です。 そのため、既存のLMSをそのまま使用するのではなく、目的に合わせてカスタマイズやチューニングを行い、より効果を高める手法も有効です。


学習教材

学習管理システムが準備できたら、次に必要となるのは学習教材です。

eラーニングが誕生した当初は、ただ文字を読むだけのテキスト教材が主流でしたが、最近では、

・ドリル型教材(〇×や数字で回答するテスト問題形式)

・PowerPoint教材(音声やアニメーションを追加したものも)

・授業・講義を収録した動画教材

・PowerPointと動画教材を組み合わせたもの

・リアルタイムで授業・講義を配信するLIVE授業

など、そのバリエーションはますます広がりを見せています。

とくに、昨今のeラーニングコンテンツで主流となっているのは動画教材です。 その背景には、ブロードバンド化で大容量のコンテンツ配信が可能となったこと、動画教材ならではのわかり易さや表現力による学習効果向上への期待の高まりなど挙げられます。

動画教材は、教室での授業や講義を据置きカメラでそのまま収録したものから、テレビ番組のように脚本・演出が施されたもの、クロマキー合成技術を取り入れたものなど様々です。

学習教材はオーサリングツールと呼ばれる編集ソフトで作成し、その教材をLMSに登録して学習を提供する方法が一般的でしたが、最近では教材作成機能が標準搭載されたLMSも登場しています。

また、導入先企業や教育機関においてeラーニング教材を内製化する動きも活発になってきています。教材の内製化は、そのための人材の確保や工数増加といった負担を生み出す一方、組織内の課題や教育目的を熟知している内部スタッフが教材を作成、あるいは作成監修を行うことで、より教育効果の高い教材作成を目指せるというメリットもあります。


eラーニングのメリット

なぜ今、多くのシーンでeラーニングが使われているのでしょうか。
eラーニングを活用することでどのような効果を期待できるのでしょうか。

一般的にeラーニングには

  • いつでもどこでも学べる
  • 受講者の状況や理解度に合わせた学習提供が可能
  • 受講進捗や成績を一元管理できる

といったメリットがあります。

さらに活用領域によって、その効果はより広がりを見せます。

例えば、企業研修の場合、eラーニングを導入することで従来の集合研修にかかっていた交通費や宿泊費などのコストを大幅に削減できる可能性があります。

研修を提供したり受講したりするだけではなく、情報共有ツールとしてもeラーニングは力を発揮します。新製品の知識やキャンペーン情報をタイムリーにeラーニング上で配信でき、受講者がちゃんと読んだかどうかまで確認・管理することができます。社内ナレッジ共有の強化にeラーニングを活用されている企業も少なくありません。

もちろん企業研修だけでなく、教育ビジネスや学校においてもeラーニングは様々な成果を生み出しています。ここでは分野別にeラーニング導入による4つのメリットと、それぞれの成功事例をご紹介します。

eラーニングの歴史

eラーニングの歴史

eラーニングは1950年代に登場した「CAI(Computer Aided InstructionもしくはComputer Assisted Instruction)」に端を発し今日まで発展してきたものです。

CAIは“コンピューターを利用して教育を支援できないか”という考えで、米国を中心に世界各国で研究・開発が盛んに行われました。

1990年代、パーソナルコンピュータの普及に従って、CAIは「CBT(Computer-Based Training)」、「WBT(Web-Based Training)」へと発展しました。もともとCBTはコンピュータを用いたトレーニングを指しましたが、明確にWBTと区別化するため、CD-ROMを利用したマルチメディア教育をCBTと呼称することもありました。

そして、2000年代、CBT、WBTから発展し折からのeブームも相まって、「eラーニング」という言葉が誕生することになります。

ここに至る背景には、eラーニングの歴史を語る上で欠かせない3つのターニングポイントが存在しました。

販売されている主なeラーニング講座

提供されているビジネス系や資格・趣味のeラーニング講座

組織内の人材育成や個人向けスキルアップ・学習の分野では数多くのeラーニング講座が提供されています。
(人材育成の領域では、組織内で独自のルール・マニュアル・勉強会・研修等があるため、これらの教育は自社で教材を作成し、それ以外の教育を販売されているeラーニング講座で補うスタイルも多くみられます。)

販売されているeラーニング講座は、学習管理システム(LMS:Learning Management System)に教材(講座)が搭載されており、導入するとすぐに人材育成・学習を始めることができるというメリットがあります。サービスによっては講義動画をただ配信するだけでなく、講師と実際に会話をしながら学習するライブ授業や、掲示板やチャットなどを使用して受講者と講師、受講者同士が自由に意見交換・情報交換ができる参加型・双方向を実現した講座のほか、学習進捗に合わせて適切なメンタリング・サポートを行う機能、重要な箇所に理解度を確認するテスト・クイズを差し込んだ動画など、インタラクティブで教育効果の高いeラーニング講座が数多く提供されています。ここでは、組織内の人材育成や個人向けスキルアップ・学習で使用されている主なeラーニング講座をご紹介します。

【組織内研修・新入社員向けeラーニング講座】

●実用/オフィス系

TOEIC®対策講座、Microsoft Excel講座、Microsoft Word講座、Microsoft PowerPoint講座、HTML講座、メールのマナーとルール講座、Gmail講座、情報セキュリティ講座、スケジュール管理 講座、英文ビジネスメール・レターの基本講座、接遇(マナー)講座、簿記講座など、文章力トレーニング講座、ビジネス英文ライティング講座、ビジネス英語スピーキング講座など

●ビジネススキル系

内定者研修、新入社員研修、ビジネスマナー講座、ビジネススキル講座、スピーチ講座、ビジネス発想術講座、図解力養成講座、ビジネス力講座、交渉術講座、ロジカルシンキング講座、フレームワーク思考トレーニング講座、企画・発想力トレーニング講座、論理力トレーニング講座、決算書の読み方講座、営業・マーケティング講座、英文契約書講座、法律基礎講座、財務諸表講座など

【組織内研修・管理職・リーダー向けeラーニング講座】

●ビジネススキル系

チームマネジメント講座、事業計画講座、人事考課講座、コーチング講座、アカウンティング講座、ビジネスプランニング実践講座、経営環境/市場分析・予測講座、マーケティング講座、経営戦略講座、企画のまとめ方講座、マネジメント講座、管理のための労働法講座。経営分析講座、コンプライアンス講座、メンタルヘルス&ストレス・マネジメント講座、ミーティングスキル講座、プロジェクトマネジメント講座、チーム・ビルディング講座など

【分野別eラーニング講座】

●ITエンジニア系

HTML/CSS、JavaScript、Bootstrap、Swift、PHP、MySQL、Ruby、Javaなどプログラミング言語講座

●アート&デザイン系

Webデザイン講座、レスポンシブデザイン講座、DTP/エディトリアルデザイン講座、イラストレーション講座、インターネット基礎講座、3DCG講座、アニメーション講座、Webライティング講座、カメラ基礎講座など Illustrator、Photoshop、Dreamweaver 、Maya、AfterEffects、Premiere、HTML、CSS、JavaScript、jQueryなどのソフトウェア・言語講座など

●財務系

財務入門講座、財務諸表講座、会計講座、決算書講座、計数管理講座、人事・給与管理講座など

●営業系

セールスのテクニック講座、営業のマナー講座、商談養成講座、営業時の会話講座、顧客ニーズを引き出すテクニック講座、セールストーク講座、プレゼンテーション講座、苦情対応講座、与信管理・債権回収、営業のための法律知識、電話応対講座など

●コンプライアンス系

製造物責任法講座、著作権講座、契約講座、安全保障貿易講座、独禁法講座、不正会計講座、資産の不正流用講座、知的財産講座、内部統制、労働安全衛生マネジメント、プライバシーマーク講座、ハラスメント防止講座、品質・環境マネジメント講座、ISO取得講座、意匠・商標講座、特許取得講座など

【資格・趣味系eラーニング講座】

●資格系

行政書士講座、司法書士講座、社会保険労務士講座、中小企業診断士講座、ファイナンシャルプランナー講座、簿記講座、秘書検定講座、建設業経理士講座、衛生管理者講座、メンタルヘルス・マネジメント検定講座、サービス接遇検定講座、個人情報保護士講座、医師事務アシスタント講座、医療事務講座、看護助手講座、歯科助手講座、調剤薬局事務講座、登録販売者講座、介護事務講座、介護食コーディネーター講座、介護福祉士講座、介護予防健康アドバイザー講座、レクリエーション介護士講座、ケアマネジャー講座、准サービス介助士講座、社会福祉士講座、福祉住環境コーディネーター講座、保育士講座、終活アドバイザー講座、認知症介助士講座、宅地建物取引士講座、マンション管理士・管理業務主任者講座、建築士講座、日商PC検定講座、パワーポイント(MOS対応)講座、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座、ITパスポート講座、土木施工管理技士講座、管工事施工管理技士講座、危険物取扱者講座、消防設備士講座、電気工事士講座、ボイラー技士講座、ビル管理技術者講座、運行管理者(貨物)講座、通関士講座、リテールマーケティング(販売士)検定講座、旅行管理者講座など

●趣味講座

整理収納講座、エンディングコンサルタント講座、飲食店の覆面調査員講座、株式投資講座、色彩検定講座、ブライダルプランナー講座、アロマテラピー検定講座、科学実験講座、数学講座、国語・文章力講座、英語講座、スポーツ講座、ダイエット講座、ジョギング講座、ゴルフ講座、ギター講座、ドラム講座、ボーカル講座、コーラス講座、鍵盤楽器講座、ピアノ講座、エレクトーン講座、管楽器講座、フルート講座、サックス講座、トランペット講座、トロンボーン講座、クラリネット講座、弦楽器講座、バイオリン講座、チェロ講座、ウクレレ講座、マジック講座、バーテンダー講座、スイーツ講座、料理講座、イラスト講座、原型師講座、生け花講座、カラオケ講座、ネイルアート講座、手芸講座、占い講座、四柱推命講座、風水学講座、タロット講座、心理学講座、恋愛講座、育児講座、面接対策講座、合気道講座、護身術講座など

eラーニングの最新トレンド

スマートフォンやタブレットPC等のスマートデバイスの進化、インターネットのブロードバンド化によるネットの高速化、及び急速な普及をきっかけに「eラーニング」はここ数年急激に動画教材の利用が広がり、従来のような字を読むだけのテキスト学習だけでなく、作業手順やコツの習得を目的とした“動作を伴う”「実習型eラーニング」の提供が広がっています。これにより、従来は事務所や店舗内、社員研修施設などの特定の場所のみでしか実現できなかった“現場での教育”がとても実施しやすくなりました。

例えば、接客・接遇、レジ操作、食材の盛り付け方、配膳、陳列方法、清掃方法…このような、現場で動作を見せながら教育する必要があった研修をeラーニング上で、実習形式で伝えることが可能になったのです。

これは「いつでもどこでも学習可能なeラーニング」が真の意味で実現したといえるでしょう。

以前はセキュリティ上の問題から社外での研修実施は実現不可能と考える組織も多くありましたが、現在では社外での学習を認め、不正アクセスや不正ダウンロードなどによる情報の漏えいを防ぐために動画配信や学習管理には高いセキュリティを設定するなど、組織により対策がとられています。

知識学習から経験学習の領域へ


テキスト学習から実習型の学習への進化・領域の拡大は、見方を変えると“知識学習”が中心だったものから、“経験学習”にもeラーニングによる教育の領域が広がってきたとも言えます。
例えば店舗でのトラブル対応の方法を教育する際、単にテキストで「落ち着いて行動しましょう」と書かれた教材を学んでいても、実際にトラブルを前にすると頭が真っ白になった…という話しをよく聞きます。このような教育にVRを活用するとどうなるでしょうか。VRで、実際を模擬したトラブルのシチュエーションを経験させることが可能となり、さらに問題となる事柄を解決するところまで繰り返し学習させることで、さまざまなトラブルに対応するための手法を事前に学び、体得することまでをゴールに設定することもできます。 また、経験の領域ではVR同様、AIを活用した教育も非常に注目を集めています。例えば英会話の分野ではAIを相手に会話することで、意味が通じるか、理解できるかを実際に試しながら学習を進めることが可能です。

受講者が主体的に学ぶ「アクティブラーニング」


動画教材に加えて、eラーニングに影響をもたらしたもう一つのトレンドは、インタラクティブな学びを実現したコミュニケーションツールの進化が挙げられます。
“知識共有”が学習スタイルのひとつとして確立していったことから、受講者参加型の能動的な学習――「アクティブラーニング」が大学の講義で注目され、その後小中高の学校へ広がりました。
ではそもそも、アクティブラーニングとはどのようなものか――文部科学省発行の用語集によると、「教員による一方向的(いちほうこうてき)な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称」と定義されており、その主な授業例としては発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークなどが挙げられます。この定義や授業例からわかるように、アクティブラーニングはこれまで一般的に行われてきた一方向的な講義形式による「知識学習」を発展させ、学習者自身に考えさせて、その考えをまとめて、実践させるところまでを盛り込む教育手法の総称といえます。
eラーニング戦略研究所が小中高の教員に向けて実施した調査では、アクティブラーニングを取り入れたことで「意見を聞くだけのお客さんのような生徒が減った」「意欲的に調べてそれを発表しようとする態度が育った」など主体性が身につく成果が出たという回答のほか、「協力したり支援し合ったり、他を思いやる姿がみられるようになった」「生徒たち同士で助け合って学習を深めている」「多数の児童が学習課題を明確にしてから授業に臨めるようになった」など協調性が育ったという回答や、学び合うことでさらに理解を深める行動が多くなった、問題/課題への意識が高まったなどの回答が得られたようです。
このように効果的な授業スタイルとして注目されているアクティブラーニングですが実施するには準備と手間を要するという意見もあります。そこで学校や教員の負担となる部分を支援するツールとして、教育IT並びにeラーニングも非常に注目されています。例えばeラーニングとSNSの連携や、SNSの枠を超えて仮想的なクラスルーム内で発表やディスカッションが行われるなど、協調的な学習活動も実践されています。手軽にクラスメートの意見と自分の意見を比較し、多角的な視点から講義内容を捉えて理解を深めることができるという効果も出ており、今後も期待されるスタイルのひとつと言えます。

「ビッグデータ」とその活用


少し話しは戻りますが、AIやVRなどの最新技術に並び、eラーニングの今を語るうえで外せないトレンドに「ビッグデータ」とその活用があります。 「ビッグデータ」は膨大な学習データを様々な形態や粒度で取得・蓄積することで、このデータを活用することで従来では専門家でさえ困難だった領域まで分析したり可視化することが可能となり、これまでにない学習評価や学習支援、予測ができたり、学習行動の関係性、問題点を導き出し、教育改善に生かす手法が実現可能となりました。この「ビッグデータ」の様々な活用は“ラーニング・アナリティクス”と呼ばれており、見方をかえると「ビッグデータ」の価値を引き出す方法が“ラーニング・アナリティク”といえるでしょう。 ではなぜ今、「ビッグデータ」や“ラーニング・アナリティクス”がここまで注目を集めているのでしょうか? 実は、これまでにも“ラーニング・アナリティクス”に関する研究や学習に関する分析は盛んに行われてきました。 ただしそれはテストの点数や試験の合否結果を活用した、あくまでも「学習結果に対する分析」であり、その前段となる「学習プロセスの分析」は非常に困難でした。従来の技術では学習過程を記録する方法が極めて限定的だったからです。 授業をビデオで撮影したり、先生や生徒自身が学習を振り返り、記録するくらいしか方法がありませんでした。しかしながら技術の進展により、学習や教育に関する膨大なデータが様々な形態や粒度で取得・蓄積できるようになり、これまでアプローチが困難だった学習過程・プロセスに関する分析が可能となりました。たとえば学習システムにログインした時間や学習時間、朝に勉強している人が多いか、夜に勉強している人が多いか、授業中にタブレットPCで閲覧した教科書やテキストの閲覧履歴は何ページ見たか、どういうふうにページをめくったか…といったことまでも記録されます。そして、デジタルペンやキーボートなどの入力デバイスで書いて、消して、また書いた履歴や内容についても、すべて取得可能となってきました。そして、こうした大規模な学習履歴、粒度の細かな行動履歴はビッグデータの多様化・多面化が進んだことで、学習過程のみならず学習者の思考過程も把握できる可能性がいよいよ高まってきました。このことからも、「ビッグデータ」や“ラーニング・アナリティクス”は教育改善や優れた学習環境デザインの実現に向け、各方面から大きな期待が寄せられています。

eラーニングのメリット

「企業研修」「教育ビジネス」「大学・高等教育」における効果的が活用方法を詳しくご紹介します。

eラーニングの歴史

誕生と普及した背景には3つのターニングポイントがありました。一つ目は…

eラーニング教材

教材(コンテンツ)は教育効果やサービスの良し悪しを左右する重要な要素のひとつです。

eラーニング用語集

デジタル・ナレッジのオンライン用語集です。用語検索、カテゴリ検索が可能です。

eラーニング導入を成功させる3つのポイント

効果的な学習を実現する成功の秘訣とは?大切な3要素「選定」「教材」「モチベーションの維持」に迫ります。

プライバシーマーク








goto top