eラーニングで官公庁・企業の社内研修・新人社員教育をサポート

社内教育・研修向けeラーニングソリューション

組織の数だけ必要な研修の“カタチ”があります。

企業内研修をトータルサポート

組織の数だけ必要な研修の“カタチ”があります。

近年、従来の集合研修とeラーニングとのブレンディング学習やアクティブラーニング、反転学習といった、多様化する研修スタイルのシームレスな実現に注目が集まっています。
さらに、「能力・スキルの見える化」や「学習履歴(教育ビッグデータ)の活用」にも期待が高まっています。そこで鍵となるのが、すべての研修の進捗から成果までを一元管理できる、進化した「学習管理システム」です。

デジタル・ナレッジでは、企業研修専門のコーディネータがお客様の課題や目的を一つひとつお伺いします。
「1500の導入実績」と「お客様の想い」を元に、最適化された「世界で唯一のオリジナル研修」をご提案いたします。
あわせて、多様な教育スタイルを実現する当社独自の管理システムやスマートフォン・タブレットなどの最新のIT機器を活用し、高い研修効果をお求めの企業・官公庁様の課題解決に取り組みます。

eラーニングシステムと研修専用サービスをセット

デジタル・ナレッジの社内教育・研修向けソリューションとして学習管理システム『KnowledgeDeliver』と各種研修専用サービスをセットでご提供致します。

学習管理システム(LMS)と各種研修専用サービスを用いることで、効果測定や研修の費用対効果などを計測することが可能です。その他、eラーニング以外の学習履歴や行動測定について「LRS」と連携することで、確認することができます。

LMS関係図

その他、様々な要望をサポート

下記のような企業独自の要望を解決します。

社内の情報伝達ツールとしてeラーニングを活用したい。部内でPPT資料の配布やテストやアンケートを実施したい。

KnowledgeDeliver ナレッジデリ

対面研修の時間とコスト削減の為、eラーニングにて事前確認や予習を行い、反転学習を実現したい。

KnowledgeDeliver

実際の研修パックとLMSを使ったeラーニングの組み合わせにて研修実施から効果測定を行い、総合評価まで一括管理したい。

KnowledgeDeliver 研修パック

研修所のペーパーレス化に向けてタブレットを配備し研修の効果測定やツールの導入などの支援をしてほしい。

StudyPadレンタル LRS 研修ICT化サービス

お客様の声

当社のeラーニングシステムをご利用中のお客様の声をご紹介します。

社員教育・研修eラーニング【企業・官公庁向け】

【インタビュー】株式会社ドミノ・ピザ ジャパン

国内宅配ピザ市場のパイオニアが語る!「eラーニング研修で最もこだわったこと」
社員教育・研修eラーニング【企業・官公庁向け】

【インタビュー】社会福祉法人 恩賜財団 済生会熊本病院

ランキング1位の病院が研修管理システムを一新、すべての受講履歴を“見える化”へ
社員教育・研修eラーニング【企業・官公庁向け】

【インタビュー】株式会社日立総合経営研修所

「世界最先端のコーポレートユニバーシティー」への挑戦 ~研修のペーパーレス化から学習ログ活用へ~
社員教育・研修eラーニング【企業・官公庁向け】

【インタビュー】順天堂大学医学部附属浦安病院

「従業員が研修に参加できない」「従業員のニーズを把握したい」約2,000名の研修の課題をクリアした“双...
社員教育・研修eラーニング【企業・官公庁向け】

【インタビュー】株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス

多業種のグループ企業を包括するオンライン研修を短期間で構築!“Mac対応”と“価格競争力”が決定的な違い...
社員教育・研修eラーニング【企業・官公庁向け】

【インタビュー】出光興産株式会社

“生きた知識”をeラーニングで発信!フランチャイズビジネスにおける人材育成の課題解決へ

「eラーニングでの社内教育・企業研修」ワンポイント知識


社会や市場が目まぐるしく変化する現代において、改めて見直すべき“社内教育の重要性”とは? 2つの視点をご紹介します。

①社内教育が必要な理由
~社会変化から見た教育の重要性とeラーニングの優位性~

1つは、社員一人ひとりに求められるスキルや知識、情報の多様化です。

業務に直結するスキルや知識はもちろん、企業理念やビジョン、コンプライアンス、情報セキュリティ、個人情報保護、ハラスメント対策、猛スピードで進化するテクノロジーやグローバル社会の動向まで、超情報化社会に生きる私たちは常に新しい情報を身に付けアップロードしていく必要性に迫られてます。もちろん、すべてを社内教育でカバーする必要はありません。しかしながら「一社員のコンプライアンス違反で企業が倒産」という例もあるように、組織の人材教育には世間の厳しい目が向けられています。

もう1つは、求められる人材像の変化です。

決められたことを忠実に実行するだけでは熾烈な競争社会を生き残っていくのは難しい時代です。今求められているのは、自ら考え、創意工夫し、新しいビジネスや価値をゼロから作り上げていくことができる「主体性のある人材」。グローバル化の観点からもこの流れは必然といえるでしょう。

これまでの社内教育は集合教育やOJTが主流でした。

しかしながら、上記のような変化のなか、従来通りの教育では対応が難しくなってきています。スピーディに環境変化に対応し、社内ナレッジの共有を徹底し、よりフレシキブルに社員一人ひとりの生産性を高めるべく多くの企業が取り入れているのが「eラーニング」です。社内教育をeラーニング化することで次のようなメリットが生まれます。

社内教育におけるeラーニングのメリット

  • 国内外問わず多拠点に対する一斉かつ均一な教育の実施が可能。
  • eラーニングで事前予習を行うことで反転学習を実現できる。
  • いつでもどこでも学習ができるため教育機会や学習時間の増大が見込める。
  • 一度作ったコンテンツ(教材)は繰り返し利用可能。
  • 講師の手配状況や事情に左右されず継続的に教育を実施できる。
  • 集合教育の効率化やコストカットが期待できる。
  • 画一的な教育ではなく、一人ひとりに最適な教育を実行しやすい。
  • 学習管理や集計、効果測定が容易に行える。
  • 人事データベースとの連携などによりさらなる人材活用への布石が打てる。

こうした背景により、企業や官公庁における教育ICT活用はここ数年で飛躍的に拡大し、今や集合教育とeラーニング教育の併用(いわゆるブレンデッドラーニング)は、ほぼ定番となりつつあります。

②社内教育にeラーニングを取り入れる際の3つのポイント
~「飽きさせないコンテンツ」「運用のしやすさ」「集合教育・OJTとの連動」~

1.飽きさせないコンテンツ

コンテンツはなるべく短く
学習者を飽きさせないコンテンツ(教材)作りは重要です。たとえばコンテンツの長さ。だらだらと長いだけの教材は学習者の意欲を低下させ、受講も長続きしません。お勧めはすきま時間でも気軽に学べる5分程度のコンテンツ。最近ではスマホ向けに30秒~1分程度の教材も増えています。テンポよく学べて、内容がしっかりと頭に残る、そんな教材作りを目指しましょう。
動画・映像の学習効果を活用
映像から情報を得ることに慣れている現代、動画教材を活用しない手はありません。とくに接客や作業手順といった内容を映像化することは大変効果的です。動画にテロップを付けたり資料を同時視聴することでよりわかりやすく、学習者を惹きつける教材を作ることができます。

2.運用のしやすさ

直感的に操作できるインターフェースと機能
せっかく導入したeラーニング、「なんとなく使いづらい」「操作が難しい」と敬遠されてしまっては意味がありません。学習者側はもちろん、運用者側においてもマニュアルいらずで直感的に操作できる“わかりやすさ”が重要です。インターフェースから機能まで、わかりやすさにこだわって設計してみましょう。そのためにはある程度自由にカスタマイズが効くLMSが安心です。
一元管理化と“見える化”
LMSの特長のひとつである学習管理機能。あらゆる教育研修の進捗から成果まで一元管理ができます。受講者アンケートの実施・集計や学習が遅れている受講者を抽出しメール送信するなどのメンタリングも可能。教育研修に関する統合的なデータが蓄積されることで、今注目される学習履歴(教育ビッグデータ)の活用など、さらなる人材育成の可能性も広がります。

3.集合教育・OJTとの連動

教育効果を最大化する連動のさせ方
これまで行ってきた集合教育やOJTにeラーニングをうまく連動させることで、研修の効率化や教育効果の最大化を狙います。連動のさせ方は組織によって、あるいは解決したい課題によって異なります。
今後はeラーニングだけでなく集合教育、OJTなどあらゆる教育研修を統合的に管理できるLMSが主流となっていくでしょう。
  • 新入社員研修や中途採用者研修のすべて、あるいは一部をeラーニング化し、その後に全社的な集合教育へと連結。
  • 座学の部分(知識学習)はeラーニングで個別に事前学習し、集合教育では演習やグループワーク、ディスカッションといった応用に充てる反転学習により、研修効率化とより高度な教育体系を構築。
  • 各店舗で独自に行っていたOJTを映像コンテンツ化し、eラーニングで配信することで全店舗の教育レベルを均一化し、売り上げアップを実現。
「VR」で体験トレーニング
これまでのeラーニングの主要用途は「知識学習」でした。しかしながら昨今、仮想現実技術「VR」を使って「体験」を伴う教育研修を実現できないかという試みが活発化しています。教育研修における「体験」という分野はこれまでOJTがその役割を担ってきましたが、VRの活用により、教育スタイルの変化やこれまで不可能だった教育研修の実現などが期待されています。
  • 【VR×危険体験】
    事故・災害・極地など再現が難しい危険体験をVRで提供。例:厨房での火事発生時の消火等(火はCGで合成)
  • 【VR×ロールプレイ】
    激しいクレーマーへの対応や接遇、面接など、相手役が必要な体験をVRで提供。VRなら何度でも繰り返しトレーニングやシミュレーションが可能。
  • 【VR×マニュアル】
    手順等を示すマニュアルをVR技術で教材化。VRは360度見渡すことができるため、とくに機械や立体物の操作、時間経過に応じて変化するような手順に有効。

お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ 研修ソリューション事業部


プライバシーマーク








goto top