DK

eラーニングのメリット

「企業研修」「教育ビジネス」「大学・高等教育」で期待できるeラーニングの効果とは?

なぜ今、多くのシーンでeラーニングが使われているのでしょうか。
eラーニングを活用することでどのような効果を期待できるのでしょうか。

一般的にeラーニングには

といったメリットがあります。

さらに活用領域によって、その効果はより広がりを見せます。

例えば、企業研修の場合、eラーニングを導入することで従来の集合研修にかかっていた交通費や宿泊費などのコストを大幅に削減できる可能性があります。

研修を提供したり受講したりするだけではなく、情報共有ツールとしてもeラーニングは力を発揮します。新製品の知識やキャンペーン情報をタイムリーにeラーニング上で配信でき、受講者がちゃんと読んだかどうかまで確認・管理することができます。社内ナレッジ共有の強化にeラーニングを活用されている企業も少なくありません。

もちろん企業研修だけでなく、教育ビジネスや学校においてもeラーニングは様々な成果を生み出しています。ここでは分野別にeラーニング導入による4つのメリットと、それぞれの成功事例をご紹介します。


企業研修でのeラーニング

(メリット)

コスト削減

集合研修にかかるコストを大幅に削減できる可能性があります。
eラーニングは一度構築してしまえば何度でも繰り返し利用ができます。
そのためイニシャルコストはかかりますが、長期的には運営費用を低く抑えることができます。
また、研修会場費、参加者の交通費や宿泊費、研修参加に要した時間の機会損失など、間接的なコストの削減効果も見逃せません。


学習機会の拡大

eラーニングはいつでも・どこでも学習ができるため、勤務時間が不規則な方や中途採用の方など、集合研修では対応が難しかったケースでも学習機会を提供できます。また、集合研修の事前教育や内定者向けの入社前教育にeラーニングを活用するといった使い方も効果的です。


研修管理の効率化

これまで手作業で行っていた受講者の出席情報や受講状況、成績の管理などを、eラーニングならシステム上ですべて一括管理することができます。例えば研修を受けていない人や成績が一定に達しない人のみを抽出し研修受講を促すといったことも簡単に行うことができ、従来の研修管理の工数を大幅に削減できます。


スピーディな情報共有

eラーニングで使用する教材は簡単に追加したり修正したりすることができます。そのため、新製品情報やキャンペーン情報などをタイムリーに即時にeラーニング上で提供し、社内情報伝達の徹底やスピード化を助けます。

導入事例


【インタビュー】株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
国内宅配ピザ市場のパイオニアが語る!「eラーニング研修で最もこだわったこと」

eラーニング研修システム「Mammoth(マンモス)」の導入により、研修時間の短縮や売り上げの増加、退職率の低下などさまざまな効果を上げている株式会社ドミノ・ピザ ジャパン様。全国約300店舗におけるアルバイト店員の教育用に開発された本研修 …

教育ビジネスでのeラーニング

(メリット)

低コストで学校運営

eラーニングならオンライン(インターネット)上で学校が開校できるためリアルな学校や教室を構える必要がありません。コストと手間をかけずに学校運営を行うことができます。


新たな客層の獲得

遠隔地に住む人や忙しくて通学できない人にとってeラーニングは最適な学習方法です。すでにリアルな学校・スクールを運営されている場合、eラーニングの導入によりこれまでの受講者の属性とは異なる新たな客層を獲得できる可能性があります。


学習効果が期待できる

従来のテキストやプリントと比べ、映像や音声などを使用できるeラーニング教材はよりわかり易く、高い学習効果が期待できます。教室での学びとは違い、自分のペースで何度でも繰り返し学習を進めることができるため、資格取得学習や苦手分野の克服にも適しています


教育ノウハウの蓄積

教育内容がテキスト教材や映像教材といった形で記録されますので、優秀な先生の講義内容がデータとして蓄積されていくことは大きな財産となります。

導入事例


株式会社ベネッセコーポレーション
子供たちに学習意欲と可能性を引き出す競争と刺激のある環境を

お客様のニーズ ~行政と学校と家庭とともに~ “子供達に学習意欲と可能性を引き出す競争と刺激のある環境を” 福島県南会津地域の6中学校の生徒に向けてベネッセ進研ゼミ教材と共に下記の内容を提供したい。 多様な学習環境( …

大学・高等教育でのeラーニング

(メリット)

ターゲットの拡大

少子化の影響で大学を取り巻く社会環境が厳しくなるなか、新たなターゲット層の獲得は大学経営における重要課題です。eラーニングの導入により、主婦層や社会人といった今までとは異なる属性を持った潜在層へターゲットを広げることが期待できます。


あらゆる学生に対応できる

病気やケガ、そのほか様々な事情を持つ学生に対しても、いつでも・どこでも学べるeラーニングは大きな利便性を発揮します。他校と差別化したサービス提供で競争力を高めます。


学習効果が期待できる

従来のテキストやプリントと比べ、映像や音声などを使用できるeラーニング教材はよりわかり易く、高い学習効果が期待できます。教室での学びとは違い、自分のペースで何度でも繰り返し学習を進めることができるため、資格取得学習や苦手分野の克服にも適しています。


学習履歴の取得・活用

学生の学習進捗や成果を統合的に管理、分析することでより質の高い教育提供へとつなげる取り組みは今後の学校経営において極めて重要な意味を持ちます。eラーニングなら学生がいつ・どのような学習をしたか、結果はどうだったかという学習履歴をシステム上で取得、一元管理できます。

導入事例


八洲学園大学
大学の全ての事務、キャンパス機能をシステム化

お客様のニーズ 家庭教育というテーマを主体にした大学であるため、学生が主婦や社会人であり、これらの方々でも学びやすい環境を提供したい。 一度も学校に来校せずとも、インターネット上での受講だけで卒業・学位の取得が可能な、日本初のeラーニング大 …

eラーニングとは

「eラーニングってなに?」そんな疑問にお答えすべく、基本の「キ」から解説します。

eラーニングの歴史

eラーニングが誕生し普及した背景
~3つのターニングポイント~

eラーニング用語集

eラーニングにまつわる基本用語をまとめた用語集です。

eラーニング導入を成功させる3つのポイント

最適なeラーニングの選び方、オリジナルコンテンツ作成の秘訣、学習意欲を上げる最新手法について解説します。

プライバシーマーク
goto top