教育用VRコンテンツ制作サービス

教育用VRコンテンツ制作サービス

Educational VR contents production services.

従来のeラーニングに教育用VRコンテンツサービスを導入することにより伝わりやすく、分かりやすい教育を実現する

eラーニング専業企業として長年培ってきた実績をもとに、教育価値向上・コンテンツ価値向上を踏まえた教育用VRコンテンツ制作を行っております。
通常の講義・研修では効果が薄く、非効率的だった部分の教育・学習をVRによる「体験」「マニュアル」によって、これまで教育しづらかったこと、分かりづらかったことを「教育しやすく、分かりやすい」教育に変えて行けると考えております。

教育用VR映像(商談例)

教育用VR映像(接客・飲食例)

教育用VRコンテンツ制作サービス内容

教育用VRコンテンツ制作では、「マニュアル型」「体験型」というコンテンツタイプと、実写とCGといった制作手法を最適な形で組み合わせて制作を行います。
また、教育用VRコンテンツ制作だけではなく、VRを取り入れた教育設計、学習プログラム設計など、効果的な教育用VRコンテンツの活用方法等のご提案も行っております。
さらに、VRでの学習履歴、視線の履歴をeラーニングシステムと連携させることで新たな価値・新たな可能性をご提案いたします。

VRマニュアル

手順等を示すマニュアルコンテンツをVR技術を使って教材化します。特に、機械や立体のモノの操作、時間経過に応じて変化するような手順には有効です。

VRトレーニング(実写型)

対人トレーニング、シミュレーションなど、相手や場が必要なものを簡易的にVR教材で実現します。例えば、接遇(店舗の接客等)や、面接、多くの人数の前での発表体験などに有効です。

VRトレーニング(追加CG型)

例えば、事故・災害・極地など通常は体験できない事柄・場面、また、医療など現実での再現・体験が難しいものをVRで体験できる教材です。例えば、キッチンでの火事発生時の消火手順などで、火事の部分はCGで実写に追加します。

【VR】とは
Virtual Reality バーチャルリアリティ / 仮想現実

VRとは、VR体験者の身体に特定の機器を装着した後、コンピュータにより合成・撮影した映像・音響などの効果により、3次元空間内にVR 体験者の身体が投影され、本当にその空間への没入感(immersion)を生じる。このような技術そしてその体系のことをVirtual Realityの略でVRという。

virtual
「仮想・疑似」的、「現実ではない別の空間」という意味。
reality
「現実・実在・事実]性という意味。

教育用VRコンテンツ制作の流れ

お問い合わせ

プリプロダクション(Pre-production)
脚本、絵コンテ、シラバス確認、スタッフ・キャスト、ロケハン等設計準備、スケジュール・予算修正

プロダクション(Production)
VRコンテンツ撮影、CG・グラフィック素材制作

ポストプロダクション(Post-production)
VRコンテンツ編集、BGM、ナレーション録音など、エンコードなど

展開
LMS(Learning Management System)への導入など

法人向けコンテンツの購入・お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ コンテンツサービス事業部

〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原


プライバシーマーク
goto top