デジタルバッジソリューション

デジタルバッジオープンバッジ
ソリューション

個人が取得した資格やスキル、学習や研修の修了証明を「オープンバッジ」で可視化

デジタル・ナレッジのオープンバッジソリューション

デジタル・ナレッジは、2014年よりデジタルバッジManandaソリューションを展開するなど、オープンバッジの取り組みを進めております。オープンバッジは、自らのスキルを公に示す世界標準の仕組みとして広がっていますが、学習データの中には成績などの特定の人にだけ開示したい情報と、住所・年齢など公開したくない情報が含まれており、高いセキュリティで保護すべき資格証明データも存在します。デジタル・ナレッジのオープンバッジソリューションでは、バッジ種別ごとに3段階を選択できるフレキシブルなソリューションをご用意しております。セキュリティ要件やSNS拡散、情報量等に応じて発行するものや、お客様のニーズに合わせて構築できるフレキシブルなオープンバッジソリューションをご用意しております。従来の紙(PDF)による資格証明証から、公開可能なオープンバッジの可視化という基本的な概念に加え、さまざまな価値を提供いたします。

オープンバッジの活用法とは?

活用法1
コース修了証・学習成果の表明として

KnowledgeDeliverでコースを修了すると、コース修了証としてPDFの発行かオープンバッジの発行を自動化する事が出来ます。発行したデジタルバッジは、ポータル内で表示したり、SNS等のサイトに掲載することにより、獲得したコースやスキルを公開できます。

活用法2
資格証明証として

コース修了に基づいたオープンバッジを複数組み合わせた、資格証明証をブロックサーツ証明書として発行する事が出来ます。各オープンバッジの情報をブロックチェーン・ベースの証明書で管理することによりセキュリティを担保した検証性が向上します。

活用法3
学生証・卒業証明証・成績証明証として

ブロックサーツ証明書には、氏名や住所、所属や写真などの個人情報を含めたセキュアで検証可能なデジタル学生証として利用したり、在学中の履修記録の詳細や成績データを入れた成績証明証や卒業証明証を発行する事が出来ます。

オープンバッジとは?

オープンバッジとは、バッジをデザインしたPNG/SVG画像に、学習成果に関する標準化されたメタデータをJSON-LD形式で埋め込むための仕様です。メタデータには、誰がバッジを獲得し、誰がそれを発行し、どんな学習成果を達成したかについてJSON-LD形式で記述されており、そのLINKを辿ることでメタデータの内容を検証することができます。検証可能な学習成果データが標準化されることにより、従来から学習成果データを蓄積しているLMSやSISはもちろん、HRDや人材採用システム、人材バンクなどのシステムと連携することで、人材の最適化・流動化を促進します。バッジという視覚化された知識・スキルに基づいたプロフェッショナルを示すことにより、スキル向上などの動機が向上し、学習する組織の評価を的確に実施することができます。

※KnolwledgeDeliverオープンバッジオプションは2020年8月ごろにリリース予定です。
※デジタル・ナレッジは、OpenBadge技術分野において、その規格提供団体である日本IMS協会の該当部会副主査を努めています。

お問い合わせはこちら
プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
認証範囲:本社








goto top