eラーニング戦略研究所

eラーニング戦略研究所

「eラーニング」や「教育×ICT」についての調査・研究活動をしています。

eラーニング戦略研究所とは

当研究所は、eラーニング専業の「デジタル・ナレッジ」が2007年に設立した研究所です。

「デジタル・ナレッジ」の20年以上に及ぶeラーニングの事業化、立ち上げ、導入、システム開発、運用、サービス、コンサルティングの経験を活かし社会に貢献することを目的として活動しています。当研究所では、「eラーニング」や「教育×ICT」についての調査・研究活動をし、また新たな時代に向けた用途提言を行って参ります。

概要

名称 eラーニング戦略研究所
代表 青木 秀
住所

〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4
(株式会社デジタル・ナレッジ内)

電話 03-5846-2131/Fax:03-5846-2132
概要

2007年4月にデジタル・ナレッジが設立した研究所です。
「デジタル・ナレッジ」の20年以上に及ぶ経験を活かし、「eラーニング」や「教育×ICT」についての調査・研究活動を通じて社会に貢献することを目的としています。

調査領域
  • ・ eラーニング
  • ・ 教育×ICT
受託事業
  • ・ 調査・研究の受託
  • ・ 関連事業に関するコンサルティング
  • ・ 貴社向け出張研修の実施

所長からのメッセージ

90年代のeラーニング「黎明期」を経て、2000年頃から2015年頃までは言うなれば「導入期」でした。現在は企業や生活への定着を経て、2016年頃からは「発展期」に入ったところではないでしょうか。

システムを導入することにより、遠隔教育の実現や、リアル教育を代替あるいは補完してきたこれまでとは異なり、eラーニング前提だから実現できる教育やトレーニングの実現例が多数生まれているのが現在です。企業や教育機関あるいは行政の戦略中枢に据える事例も多数あります。

このような状況を踏まえ、「デジタル・ナレッジ」の20年以上に及ぶ事業化、立ち上げ、導入、システム開発、運用、サービス、コンサルティングの経験を活かし社会に貢献することを目的として活動しています。当研究所では、「eラーニング」や「教育×ICT」についての調査・研究活動をし、また新たな時代に向けた用途提言を行って参ります。

eラーニング戦略研究所所長 青木 秀

|株式会社デジタル・ナレッジ 執行役員 |株式会社N-Academy取締役

略歴

1970年生。明治大学在学中の起業、CG/映像制作会社入社を経て、1997年デジタルハリウッド株式会社に入社。
受講者募集・国内外拠点開発・広報・宣伝・ブランディング・スクール事業統括 執行役員を経て、2003年新規事業としてeラーニング事業の立ち上げに従事。
2004年 日本初インターネット大学 八洲学園大学の開学にあたり、コンセプト・プロモーション戦略の策定、実行を統括。
以降、専門学校・英会話スクール等、教育関連事業を中心とした事業企画・プロモーションのコンサルティング並びに実行に従事。
2009年 NTTグループとデジタル・ナレッジの合弁によりNTTナレッジ・スクウェア株式会社を設立し、取締役マーケティング部長に就任。ネットスクール「N-Academy」事業、MOOCサービス 「gacco」の立ち上げと運用に従事。
2015年 N-Academyの運営会社として、株式会社N-Academy設立、取締役に就任。
2017年 eラーニング戦略研究所 所長に就任。
プライバシーマーク








goto top