AMS

Automatic Mentoring Scenario

受講者へのメンタリングを業務フローとして蓄積&自動化!メールやRSS、カレンダーの利用で受講を促進します。

メンタリングをシナリオ化し、教育資産化。eラーニングの成果UPをサポートします。

「AMS(Automatic Mentoring Scenario)」は、あらかじめ設定したシナリオに従って自動的にメンタリングを行う、画期的なサービスです。このシナリオの蓄積が教材に並ぶ教育資産となります。教育担当者の手間をかけずに、きめ細やかな受講者サポートツールとして、AMSをご活用ください。

※本システムは「KnowledgeClassroom」「ナレッジクラス」に標準搭載されています。

AMSの特徴

POINT1

あらかじめ設定したシナリオに従って、自動的にメンタリングを実施、シナリオを教育資産として蓄積します。

POINT2

未受講者情報を上司に伝達し、直接指導を促すことで受講率を高めるなど、受講者本人だけでなく、上司へも受講情報を伝達します。

POINT3

コース内のメンタリングにとどまらず、複数のコースを縦断したメンタリングや集合研修など他の教育メソッドや業務フローを取り込んだ誘導を行うこともできます。メール以外での連携、教師や保護者へのより細かな通知等のカスタマイズにも柔軟に対応します。

AMSの適用例

学習のタイミングに合わせてあらかじめシナリオを設定するだけで、AMSが自動的にメンタリングを実施。
AMSの導入によって、漏れなくきめ細やかなメンタリングを人手をかけずに行うことができます。受講者本人への伝達の他、上司への伝達やカレンダーに表示することができます。

プライバシーマーク
goto top