【8月9日】真夏の特別ラボイベント『eラーニング最新動向&事例TOUR 2017』
~「企業内教育」「教育ビジネス」「学校教育」「コンテンツ」の各トレンドから考える、“次なる一手”~



2017ラボイベント夏

概要

毎年ご好評いただいております、デジタル・ナレッジの真夏のラボイベント。今回はeラーニングの「最新動向」と「成功事例」にスポットを当て、「企業内教育」「教育ビジネス」「学校教育」「コンテンツ」の4つの領域ごとに、最新トレンドと事例、その奥に隠された成功ポイントを深く掘り下げてご紹介します。

AIやラーニング・アナリティクス、VRといった新しいテクノロジーと有機的につながることで、eラーニング、そして教育はあらたな局面を迎えようとしています。本イベントでは、弊社が現在進めております「AI英会話」などの様々な取り組みについてお話しすると共に、皆様が今お持ちのビジョンや課題を2017年、2018年とどのように進め、次なる一手を打っていくべきなのか、共に考える機会にしてまいりたいと思います。

★来場者特典
ご来場いただいた方全員に、eラーニング導入に役立つ小冊子「デジタル・ナレッジのeラーニングはじめかたBOOK」プレゼント!

お申し込みはこちら

タイムスケジュール

【第1部】eラーニングの最新概況とデジタル・ナレッジの直近の取り組みについて

吉田

13:00-13:40

株式会社デジタル・ナレッジ 代表取締役 COO

吉田 自由児

 

概要
「企業内教育」「教育ビジネス」「学校教育」「コンテンツ」の各マーケットを整理すると共に、eラーニングの最新概況とデジタル・ナレッジの直近の取り組みについてお話しします。また、昨今のeラーニングの傾向のひとつに、座学による知識教育だけでなく“OJTでの経験学習”への取り組みが挙げられます。本講演では、その背景にあるVRやAIといったテクノロジーの教育への活用の可能性についても言及します。

第一部の講演及び全体の進行は弊社代表取締役 COO 吉田が務めます。まずはeラーニング市場全体の今を俯瞰でとらえ、この後に続く各領域におけるeラーニングトレンドと成功事例への理解を深めてまいります。

【第2部】各マーケットごとのセッション

齋藤

『活況を呈する教育ビジネス!新規事業から事業拡大まで、知っておきたい成功事例』

13:55-14:25

株式会社デジタル・ナレッジ ビジネスソリューション事業部長

齋藤陽亮

 

概要
教育サービスを取り巻く環境が目まぐるしく変動するなか、医療、受験、資格、語学など様々な市場でeラーニングや教育ICTを積極的に活用し効果を上げている先進事例が注目を集めています。市場特性や教育内容によりeラーニング活用方法はますます多様化し、サービス拡大を可能にするシステム連携や運用ノウハウが欠かせなくなってきています。

本講演では、教育ビジネスの成功事例をもとにコンテンツの活用方法や事業の多角化方法をご紹介します。新規にeラーニング事業を検討されている方や既存のeラーニング事業の拡大をお考えの方は是非ご参加ください。

【ご紹介する主な事例】
・動画コンテンツ配信で運用コスト大幅削減した成功事例
・マルチテナントにより初期投資を二か月で回収した成功事例
・マルチコースやクライアント向け権限管理機能を活用した成功事例


中田

『誤解していませんか?「アクティブラーニング×学校教育」の新常識』

14:25-14:55

株式会社デジタル・ナレッジ 文教ソリューション事業部長

中田康宏

 

概要
数年前から大学や専門学校を中心に定着した「アクティブラーニング」。教育の質的転換には欠かせないキーワードではありますが、多様な解釈が可能であると同時に急速に広まった言葉であるが故に、少なからぬ誤解が生じてしまっているように見受けられます。誤解から生まれた敷居の高さから、未だにアクティブラーニングに取り組めずにいる先生方も多いのではないでしょうか。

本講演では、非常に身近で、また効果的なアクティブラーニングの今を、学校教育における最新動向を交えてお話しします。アクティブラーニングに対して敷居の高さを感じている先生方や、先生方を支える教育ベンダー様に是非ご参加頂きたい内容となっております。

【参考資料】
「大学・専門学校におけるアクティブラーニング実施に関する調査報告書」……アクティブラーニングを実施している教員の9割近くが「今後も積極的に実施したい」「より高いアクティブラーニングの手法を活用していきたい」と回答、アクティブラーニングに対する高い意欲と期待が明らかに。


窪田

『本当に効果的な“動画教材の作り方”と“VRの教育利用”』

15:10-15:40

株式会社デジタル・ナレッジ コンテンツサービス事業部 シニアディレクター リーダー

窪田健一郎

 

概要
今や、教育コンテンツのトレンドはなんといっても「動画教材」です。しかしながら、本当に教育効果の高い“動画教材・映像コンテンツの作り方”をご存知でしょうか?実は、教育効果を高めるためには最新技術を使うだけではなく、映像制作設計(プリプロダクション)や適切な編集(ポストプロダクション)というものが欠かせません。本講演では、企業や学校における実際の動画活用例や導入事例について、制作やコンテンツ時間などのパターンごとに詳しくご紹介します。

さらに、今話題のVRコンテンツのメリットや効果的な導入、制作要点についてもお話します。教育コンテンツ市場の最新のキーワードであるVRコンテンツを取り入れた「ハイブリッド・コンテンツ」も必見です。

【参考資料】
「企業におけるVRの教育利用に関する調査報告書」……教育研修担当者の6割が「VR導入」に意欲、期待する効果は「教育しづらかった研修内容の実現」と「従業員スキルの向上&標準化」。


野原

『企業内教育が変わる?!最新事例と知っておきたい“今後の展望”』

15:40-16:10

株式会社デジタル・ナレッジ 研修ソリューション事業部長

野原成幸

 

概要
各製造・医療・外食・小売・研修所など、企業の人材教育はますます多様化しています。本講演では、多数の企業・組織のeラーニングソリューションを手掛けてきた担当者が、これまでの企業内教育動向と今後のトレンドについてご紹介致します。

また昨今、小売や外食産業などにおいて外国人スタッフの雇用が増えていることに伴い、現場で教育を行うことのできる人材不足が懸念されています。知識のみならず、技術教育や経験学習を標準化するためにはどのようなアプローチが有効なのでしょうか?本講演では、従来OJTやワークショップなどで実施していた技術習得や経験学習を、VRやAI活用によりeラーニング上で実現する新たな概念「eXラーニング(仮)」により、企業内教育にどのような効果が見込まれるのか、その可能性についても解説します。

【ご紹介する主な事例】
・従業員が辞めない「ゲーミフィケーション」活用事例
・忙しい営業スタッフ向けに5分で学べる「マイクロラーニング」活用事例
・OJTやチェックシートと連動した「ストアエデュケーション」活用事例
・退職者やハイパフォーマを検知する「ラーニング・アナリティクス」分析事例

お申し込みはこちら

【第3部】パネルディスカッション『ここに注目!4つの視点で見る「eラーニング×教育」』

16:25-16:55

概要
現在のeラーニングと教育のトレンド、これから来るであろうテクノロジーの動向、さらには個人的に注目している教育のトピックスについて、eラーニングのプロである登壇者がディスカッションを行います。教育ビジネス、学校教育、コンテンツ、企業内教育の各担当者がそれぞれの立場・視点で語る「eラーニング×教育」とは?

 《登壇者》
株式会社デジタル・ナレッジ 代表取締役 COO 吉田自由児
ビジネスソリューション事業部長 齋藤陽亮
文教ソリューション事業部長 中田康宏
コンテンツサービス事業部 シニアディレクターリーダー 窪田健一郎
研修ソリューション事業部長 野原成幸

eラーニングのプロに気軽に相談できる!個別相談会

17:00~(イベント終了後に実施)

概要
eラーニング専門コーディネーターが、個別にお客様の教育に関する狙いや課題をお聞きし、類似の事例などのヒントになるお話をさせて頂きます。お気軽にお申込みください。

※お申込みの際のご注意
個別相談会をご希望の方はお問合せ内容に『個別相談希望』とご記入くださいませ。

お申し込みはこちら

概要

開催日時 2017年8月9日(水)13:00~17:30(12:30受付開始)
主催 株式会社デジタル・ナレッジ
会場 〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原 1F
(インタラクティブセミナールーム)
JR秋葉原駅 中央改札口から徒歩7分
東京メトロ末広町駅から徒歩2分
※線路沿いの正面玄関よりお入りください

dk-map
定員 限定40名(先着、定員に達し次第締め切り)
費用 無料


お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ 担当:安田
東京本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
TEL 03-5846-2131
FAX 03-5846-2132
e-mail infoadmin@d-k.jp


プライバシーマーク








goto top