【プレスリリース】大塚製薬が進める“ハイパフォーマー分析の取り組み”とは? 優秀社員のコンピテンシーを人材育成に活用!『ラーニングイノベーション2018』特別講演7/6開催


導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)が参加・協力を行っている、大塚製薬株式会社におけるコンピテンシーを人材育成に生かす取り組みについて、その詳細をご紹介する特別講演が2018年7月6日(金)、『ラーニングイノベーション2018』にて開催されることが決定いたしました。

大塚製薬様では業績優秀なMRの行動特性、いわゆるコンピテンシーに着目し、優秀なMRの「売れるコンピテンシー」を明らかにすることで、MR全体の能力値の底上げや生産性の高い人材育成に生かすプロジェクトを今年度より開始されました。デジタル・ナレッジは本プロジェクトにおきまして、優秀なMRの売れるコンピテンシー分析のほか、優秀なMRを育成する研修プログラムの企画協力を予定しております。

今回の特別講演では大塚製薬のご担当者様がこれまでの取り組みをご紹介されます。講演は事前予約で聴講無料となります。
定員に限りがございますので、お早めのご予約をお願い申し上げます。

【ラーニングイノベーション2018】

特別講演『営業成績が優秀な社員のコンピテンシーを人材育成に生かす』

■講 演 日 時:2018年7月6日(金) 13:20 ~ 14:00
■会     場:東京国際フォーラム(セミナー会場E)
■参  加  費:事前申込で無料
■詳細/お申込み:https://ers.nikkeibp.co.jp/user/contents/2018y0704hce/index.html#K-33E

《概 要》
製薬企業の医薬情報担当者(MR)は医薬品の専門知識だけではなく、顧客との良好な関係構築のためのコミュニケーション力やターゲティング、問題解決能力などが必要とされています。 大塚製薬ではコンピテンシーに着目し、優秀MRの「売れるコンピテンシー」を明らかにすることで、MR全体の能力値の底上げや生産性の高い人材育成に生かすプロジェクトを今年度より開始しました。
本講演ではこれまでの取り組みについてご紹介します。

《登壇者》
大塚製薬
医薬営業本部 学術部教育企画室 
入道 史子 氏

ラーニングイノベーション2018開催概要

会    期:2018年7月4日(水) – 6日(金)
      〔展示会〕 10:00-17:30 〔セミナー〕 9:30-17:30
会    場:東京国際フォーラム(東京・有楽町)ホールE
主    催:日本経済新聞社 日経BP社
共    催:日本イーラーニングコンソシアム(eLC)
       マイクロラーニングコンソシアム(mLC)
後援(予定):ICT CONNECT 21
       e-Learning Initiative Japan(eIJ)
       教育システム情報学会(JSiSE)
       デジタル教科書教材協議会(DiTT)
       日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)
       日本教育情報化振興会 (JAPET&CEC)
       日本電子出版協会(JEPA)
       日本ムードル協会
協力(予定):テレビ東京
入  場  料:1,000円(税込) ※事前登録または招待券持参で無料

皆様のご来場をお待ちしております。

会社概要

名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明
URL: http://www.digital-knowledge.co.jp/

【報道関係者からのお問合せ先】

株式会社デジタル・ナレッジ 広報担当:平山
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:infoadmin@d-k.jp


プライバシーマーク








goto top