【1月24日】《新春イベント》先読み!2019年eラーニング・EdTechの行方
~新しい学びの挑戦者たちに聞く!近未来の「研修」「塾」「AI活用」~



満員御礼】本イベントは、定員に達したためお申込み受付を終了致しました。

多数のお申し込みをいただき誠にありがとうございました。
なお、当日の講演資料をご希望の方は以下よりお申込みくださいませ。
公開可能なプログラムのみ講演資料を後日メールにてお送りいたします。

講演資料はこちら

dk-NewYear-seminar2019-vis

2019年1月24日(木)14:00~17:30

概要
テクノロジは急速な進化を遂げ、eラーニングやEdTechも多様化しています。果たして2019年の今現在、教育・研修における先進的なテクノロジ活用はどのように実践されているのでしょうか。
今年の新春イベントでは、「企業研修」「教育サービス(学習塾)」そして「教育×AI」における挑戦的な実践者をお招きし、eラーニング活用やEdTechに関する取り組みを語っていただきます。また、各講演後半の質問コーナーでは、以下3つの視点で“新しい学びを成功に導く極意”と本音にも迫ります。

1.効果を最大化するお気に入り 機能とその使い方
2.モチベーションを上げるコンテンツ作りのポイント
3.eラーニング導入で失敗しないコツ ~導入して終わり、を回避するために~

新春イベントではさらに、1500以上のeラーニングプロジェクトを手掛けてきたデジタル・ナレッジの最新の取り組みと新年の展望をご紹介すると共に、2019年のeラーニング、EdTech、そして教育市場の行方や、教育×テクノロジをどのように有効活用していくべきかについて、共に考えていきたいと思います。
eラーニング導入・活用のコツや、教育のトレンド、先進事例を知りたいという方はもちろん、はじめてデジタル・ナレッジのセミナーに参加するという方もお気軽にお越しください。

タイムスケジュール

第1部

14:10-14:40

2019年、デジタル・ナレッジのチャレンジ

吉田自由児

株式会社デジタル・ナレッジ

代表取締役 COO

吉田 自由児

概要
求められる教育のあり方が多様化する今日、eラーニングは最新のITテクノロジを取り入れながら進化し、多様化するニーズに応えるべく様々なスタイルが提供されています。
また、教育が様々な社会的課題を解決する手段としての役割も担いつつあり、働き方改革、外国人労働者、教育の海外への輸出などに関する教育を機軸とした取り組みも行われています。

当セッションでは、このようなテクノロジ的背景・時代背景を踏まえ、2019年、デジタル・ナレッジが取り組んでいくチャレンジを、テクノロジ/サービス双方の観点で紹介いたします。また、教育を主軸に置いた新たなビジネスの可能性についても言及します。

第2部 <特別講演>

14:40-15:20

研修・社内テスト・新人導入研修にも。
営業独自の「eラーニング×人財育成」

桐山 明文氏

中外製薬株式会社

営業本部 営業人財マネジメント部 
領域専門学術グループ

桐山 明文氏

概要
約2,500名を対象としたMRの研修や試験にeラーニングを活用されている中外製薬株式会社様。
社内で使われているシステムではなく、営業部門独自にeラーニング活用を進めてこられた営業本部  営業人財マネジメント部 領域専門学術グループの桐山様をお招きし、具体的な実践内容をお話しいただきます。複数のシステムから一本化を実現された経緯、社内テストの100%ペーパーレス化といった成果、そして「うちも導入したい」と人財育成部門に高評価を受けた理由とは?
講演後半には「効果を最大化する機能」や「コンテンツ作りのポイント」「eラーニング導入で失敗しないコツ」をテーマに、デジタル・ナレッジのナビゲータが講演者の本音と運用の裏話にも迫ります。
<こんな方にお勧め>
・企業研修、人財育成に課題をお持ちの方
・eラーニング導入やリプレイスについて詳しく知りたい方
・eラーニングを導入したが思ったように活用できていない方

15:35-16:15

学習塾における“映像授業×eラーニング”の現状と課題

LOGO

株式会社ウイングネット

コンテンツ・システム開発事業本部
セクション長
課長

今井 栄之氏

概要
全国の学習塾に映像授業をインターネットで配信しているのが、学習塾向け映像授業配信サービス『ウイングネット』です。
現在、全国2000以上の教室で小~高校生がウイングネットの映像授業を活用し、大きな学習効果を上げています。

本講演ではウイングネット コンテンツ・システム開発事業本部 課長 今井氏をお招きし、学習塾における“映像授業×eラーニング”の最新動向やメリット、課題を伺います。学習結果に応じて次に受講する内容を提示するアダプティブ機能の詳細、AIを活用した英検対策授業など、新しい取り組みについてもお話しいただく予定です。
また、講演後半には「効果を最大化する機能」や「コンテンツ作りのポイント」「eラーニング導入で失敗しないコツ」をテーマに、デジタル・ナレッジのナビゲータが講演者の本音と運用の裏話にも迫ります。

<こんな方にお勧め>
・学習塾、スクール、教育ビジネスに関わる方
・映像授業やeラーニング導入について詳しく知りたい方
・eラーニングを導入したが思うように活用できていない方

16:30-17:10

AI時代の語学教育の在り方
~日本語学校における「教育×AI」活用最新事例~

LOGO

インターカルト日本語学校

インターカルトEdTech センター

矢口 奈緒子氏

概要
1977年の設立以来、一貫して日本語教育事業のほか日本語教員養成事業を展開され、世界65カ国20,000人以上の卒業生を輩出されているインターカルト日本語学校では、日本語習得を目指す生徒に対し、AIを活用したeラーニング教材を利用されています。今回は、同校EdTechセンターの矢口氏をお迎えし、AI×日本語教育の詳細をお話いただきます。

また昨今、飲食業界の人手不足という問題に対し、外国人労働者の雇用促進や離職率低下の観点から教育の重要性が指摘されています。本講演では、弊社も協力して進めている、飲食業界の外国人スタッフ向けAI教材サービスの新たな取り組みについても解説いただきます。

講演後半には「効果を最大化する機能」や「コンテンツ作りのポイント」「eラーニング導入で失敗しないコツ」をテーマに、デジタル・ナレッジのナビゲータが講演者の本音と運用の裏話にも迫ります。

<こんな方にお勧め>
・教育領域におけるAI活用について詳しく知りたい方
・語学教育に課題をお持ちの方
・飲食業界などで外国人労働者の雇用・教育に関わる方

第3部

17:10-17:30

“eラーニングソリューション”“教育AI活用”最新事例のご紹介

中嶋

株式会社デジタル・ナレッジ

プラットフォーム事業部 事業部長

中嶋 竜一

概要
語学教育の教室における支援に、AIを活用されている具体的なお客様の活用事例をご紹介させて頂きます。
教案(テンプレート)を順次増やしていき、手軽に活用できる仕組みや、学習画面を適切にカスタマイズする専用ビューの設置など、きめ細かい語学教育を実現するためのソリューションをご案内します。
またセミナー終了後の個別相談も承ります。

開催概要

日時 2019年1月24日(木)14:00~17:30
(受付開始13:30~)
主催 株式会社デジタル・ナレッジ
会場 access_mapBig
秋葉原UDXシアター
〒101-0021
東京都千代田区外神田4丁目14−1 4F

      JRでお越しの方:秋葉原駅 電気街口より 徒歩2分
      つくばエクスプレスでお越しの方:秋葉原駅 A3出口より 徒歩3分
      東京メトロ日比谷線でお越しの方:秋葉原駅 2番出口より 徒歩4分
    東京メトロ銀座線でお越しの方:末広町駅 1番または3番出口より 徒歩3分
定員 限定150名(先着、定員に達し次第締め切り)
費用 無料
持ち物 お名刺1枚お持ちください。


お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ
東京本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
TEL 03-5846-2131
FAX 03-5846-2132
e-mail infoadmin@d-k.jp

プライバシーマーク








goto top