【1月22日】『2021年のオンライン教育・研修』~質の高い教育を目指し新たなステージへ《新春イベント》
eラーニング×Zoom連携、CBT試験、本人認証、オープンバッジ、教材内製化ほか


dk-topbanner-vis-NewYearConference2021

開催日時:2021年1月22日(金)14:00~17:30

概要
コロナ禍で対面での教育・研修が著しく制限され、急速にオンライン化が進んだ2020年。今後、たとえコロナが収まったとしても次の時代、教育のニューノーマル時代に突入します。緊急対応ではなく、オンラインでの教育提供がより日常のものとなったときに何が求められるのか。それは、教育品質の維持、受講者のモチベーション向上、教員の指導効率改善といった本質的課題を解決した“質の高いオンライン教育”です。
そこで2021年最初のカンファレンスでは、“これから必要となる質の高いオンライン教育・研修”をテーマに、デジタル・ナレッジの取り組みや最新テクノロジの活用手法、先進事例を取り上げます。この未曾有の時代を乗り越えるための教育の在り方について、皆様と共に考えてまいりたいと思います。

お申込受付は終了しました

プログラム

第1部

14:10〜14:50

2021年、デジタル・ナレッジのチャレンジ
~オンライン教育・研修のあるべき姿~

桑原

株式会社デジタル・ナレッジ
代表取締役COO

吉田 自由児

概要
設立25周年を迎えた我々デジタル・ナレッジでは、企業の研修部門や学校・教育機関で役立つ新しいチャレンジを日々加速化しています。
本講演では、新型コロナウイルスにより教育・研修周辺で起こった変化を総括した上で、最新テクノロジを各教育ニーズに適用させることにより教育品質の高いオンライン環境づくりを目指す、弊社の取り組みについてご紹介します。

<主な内容>
・新型コロナウイルスにより教育・研修周辺で起こった変化
・オンライン教育の質を高める最新テクノロジとLMSの使い方
・研修サービスへのチャレンジ(オンライン研修ノウハウのパッケージ化)
・教育流通事業へのチャレンジ(教育の輸出、海外展開事例ご紹介)

第2部

15:00〜15:40

オンライン研修時代の自社オリジナル教材の作り方

西尾
株式会社デジタル・ナレッジ
研修ソリューション事業部 
eラーニングシニアコーディネータ

西尾 陽

概要
オンライン研修の実施が広がるなか、自社オリジナル教材を作成、使用する企業が増えています。社会がめまぐるしく変化し業務も複雑化する中で、人材育成においても汎用教材ではなく企業独自のコンテンツの必要性が高まっているという背景があります。また、コロナ禍で集合研修がオンラインに置き換えられたことも、内製化の傾向を加速させています。
本講演では、eラーニングシステム(LMS)を使って効率よく簡単に作成できる自社オリジナルの教材のパターンや特長、使い方をご紹介します。

<主な内容>
・加速する企業研修のコンテンツ内製化
・より多くの教材を効率よく作成・配信するためには
・動画コンテンツ作成はLMS×Zoom連携で
・ニューノーマル時代の教材内製化の在り方

第3部 《ゲスト登壇》

15:50〜16:30

のべ8,000名が受講!大学はいかにして『本人認証付きオンライン授業・試験』を始めたか。
~『eラーニング×Zoom連携』『不正受講防止のCBT試験』の導入・実施・運用まで~

テキスト
創価大学 通信教育部 
副部長・教務課課長

小澤 潤 氏

概要
コロナ禍の影響により、通信教育課程のスクーリングの授業をすべてオンラインに切り替えた創価大学様。さらに試験もオンライン化し、試験中に顔認証システムで本人確認を実施する仕組みを導入されました。授業開始前、テスト前にも顔認証を実施し一致しないと授業・テストを受けられないなど、オンライン教育で懸念される出席管理や不正受講もクリアしたものとなっています。
同大学がオンライン授業への切り替えを決定されたのは2020年のGW明けでした。そのわずか2ヶ月後には完全オンライン化の夏期スクーリングを開始され、海外の学生を含むのべ8,000名が受講されています。スピーディな導入と運用を成功させたその背景や今後の展望とは?

本講演では『eラーニング×Zoom』を連携したオンライン授業、本人認証付きオンライン試験の詳細と、導入から実施に至るまでの進め方、良かった点から苦労した点まで詳しくお話しいただきます。

<主な内容>
・コロナ前後の大学におけるeラーニング活用の変化
・授業中・試験前後・レポート提出に至るまで搭載された顔認証の仕組みとは
・導入の舞台裏~仕組み、運用体制、周知徹底をどのように進めたか~
・やってみて良かった点と今後の展望

第4部

16:40〜17:00

進化するeラーニング活用最前線

nakajima
株式会社デジタル・ナレッジ 管理本部 本部長
文教ソリューション事業部 事業部長補佐

中嶋 竜一

概要
2000超を誇る企業・学校様へのeラーニング導入実績。そのデジタル・ナレッジのソリューションを支えているのが、統合eラーニングパッケージ『KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)』です。
本講演では、コロナ以降、ますます多くの教育現場で活用が進むKnowledgeDeliverの最新バージョンをご紹介します。今回のバージョンアップでは、「オープンバッジの発行」「Web会議ツール連携」機能を新たに搭載しました。実際にどのように活用できるのか?についても具体的にご説明いたします。

<主な内容>
・eラーニングパッケージ(LMS)でできること
・最新機能(1)オープンバッジ機能〜偽造困難な次世代の学習証明を発行〜
・最新機能(2)ライブ単元機能の追加~Web会議ツールと連携~
・具体的な活用シーンと今後の展望

※当日の進行状況により講演時間は多少前後する場合がございますので予めご了承ください。

開催概要

日時 2021年1月22日(金)14:00~17:30 ※13:30からアクセス可能になります。
主催 株式会社デジタル・ナレッジ
会場 オンライン開催(Zoomを使って配信予定です)
※開催前日までに当日のアクセス先情報をお送りいたします。
定員 限定200名(先着、定員に達し次第締め切り)
費用 無料

注意事項

  • 配信中は講演者側の映像・音声のみ配信されます。ご参加の皆様の映像や音声は一切伝わりませんのでご安心ください。
  • 前日に参加URLが届いていない場合は「infoadmin@d-k.jp」へご連絡ください。
  • 映像が見えない、音声が聞こえないなど正常に動作しない場合は、大変申し訳ございませんが、別のデバイスをお試しください。
  • 安定した通信環境でのご視聴をお勧めしております。参加者様側の通信環境によっては視聴いただけない場合がございますので、予めご了承くださいますようお願い致します。
  • 視聴機器の不具合やインターネット環境による接続不良などのお問い合わせには対応致しかねます。原則ご自身にてご対応いただきますようお願い申し上げます。
  • 当日配信トラブル等があった場合には、やむを得ずライブ配信を中止もしくは中断する場合がございます。予めご了承くださいますようお願い致します。
  • 講演の内容や登壇者は急遽一部変更になる場合がございます。
  • リアルタイム配信のため、トラブル・不手際などがございましたら何卒ご容赦下さいませ。
  • 配信中は、参加者同士の映像・音声・お名前などは一切伝わりません。

  • お問い合わせ

    株式会社デジタル・ナレッジ
    東京本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
    TEL 03-5846-2131
    FAX 03-5846-2132
    e-mail infoadmin@d-k.jp

    eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

    eラーニングコーディネータに
    ご相談ください

    メールフォームでの
    お問い合わせはこちら

    導入ご相談窓口
    050-3628-9240
    その他のお問い合わせ
    03-5846-2131(代表)

    受付時間:平日10:30~17:30
    (土日祝日、弊社休業日を除く)

    プライバシーマーク
    ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
    ISMS 認証範囲:eラーニングシステムにおける販売、構築、運用保守業務社
    CLS 認証範囲:クラウドサービスの利用、提供








    goto top