【プレスリリース】教材出版社、教育機関向け『教材電子化サービス』を開始


導入実績2000超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)は、小・中・高校生向け教材会社様 教育機関様を対象に、従来の紙教材を手軽にデジタル化する『教材電子化サービス』を開始いたしました。

digital-service

教材電子化サービスとは?

プリントやドリル、テストなどのアナログ教材を低コストでデジタル化できるサービスです。
GIGAスクール構想の実現に向け、義務教育におけるデジタル教科書の普及率を2025年度末までに100%にする目標が掲げられるなど、あらゆる教材のデジタル化が急務となっています。しかしながら、教材出版社や教育機関がお持ちの小・中学生、高校生向けの紙教材は膨大な数であり、そのデジタル化には大きな手間やコストが発生します。
そこで、当社では「教材電子化サービス」の提供を開始しました。従来の紙教材を低コストで作成するとともに、デジタルドリルやプリント教材生成アプリなどの開発もワンストップでサポートいたします。「今ある紙教材を手軽にデジタル化したい」「教材のICT化を進めたいがコストや手間がネックでなかなか対応できない」といった課題をお持ちの方はぜひご活用ください。

「教材電子化サービス」の特長

・ワンストップでお任せ!
教材の画像化・テキスト化からデジタル化した教材を提示するためのシステムもワンストップで提供します。
・低コストでデジタル化を実現
オフショアを活用したデジタル化を実施するので、低コストでデジタル化を実現します。
・ご希望に合わせたアプリケーションの開発も可能
デジタルドリルやプリント教材生成アプリなど、御社のニーズに合わせたアプリケーションの開発も可能です。

教材デジタル化の5つのメリット

①費用を削減できる
教材をデジタル化することにより、印刷や物流の費用をなくすことができます。
②フィードバックを得ることができる
今まで取得が難しかったエンドユーザ(児童・生徒)からの直接のフィードバックを得ることができ、
教材のブラッシュアップに活かせます。
③マルチメディアデータを活用することができる
ICT教材ならではの、音声や動画を活用した教材にすることもできます。
④個別最適化した提示が可能になる
学習履歴を活用したアダプティブな教材にすることもできます。
⑤教材のポータビリティが向上する
ICT教材は、改変やカスタマイズが容易です。そのため、リメディアル教育や海外市場といった他市場へ
の展開がしやすくなります。

サービス内容

➀電子データとそれに伴うデータベースデータの作成
単なる画像データ化から MathMLや TeX、SGV を活用した全テキスト化、学習指導要項コードの活用まで
対応します。
②様々なタイプの問題を出題
単純なランダム出題から、動画や音声付き、履歴を活用したアダプティブな出題、AI を活用したものまで
対応します。
③提示用Webアプリケーションの開発
ご依頼により生徒向けドリルの形式やテストの形式から、プリント教材生成まで、トータルでご提供します。

「教材をデジタル化したいが何から始めればいいかわからない」といった方もご安心ください。
お見積もりも作成いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
問い合わせフォーム
※お問い合わせ内容に「教材電子化サービス」とご記載お願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:教育ICTサービス事業部
TEL:03-5846-2155
E-mail:study@digital-knowledge.co.jp


eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

eラーニングコーディネータに
ご相談ください

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

導入ご相談窓口
050-3628-9240
その他のお問い合わせ
03-5846-2131(代表)

受付時間:平日10:30~17:30
(土日祝日、弊社休業日を除く)

プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
ISMS 認証範囲:eラーニングシステムにおける販売、構築、運用保守業務社
CLS 認証範囲:クラウドサービスの利用、提供








goto top