【プレスリリース】『Know-baton』テレビCMを10月9日より放映開始。


導入実績2000超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)は、新しいテレビCMを2021年10月9日(土)より放映開始いたしました。

このテレビCMは、新サービス『Know-baton(ノバトン)』のリリースに合わせ、当社の実現したい世界観、提供する価値をわかりやすくお伝えするべく、映像化したものです。


テレビCMにつきまして

放送局:読売テレビ、毎日放送、関西テレビ
対象エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
放映期間:2021年10月9日(土)~2021年10月31日(日)
URL:https://youtu.be/E8QBofZGJG4

今回のテレビCM「知識をバトン篇」では、特定の人物に偏ってしまっている業務知識やノウハウが、新サービス『Know-baton』を通じて社内に正しく行きわたりチーム力が高まる様子を描いています。「eラーニングを思いのままに」をキャッチコピーに当社のスローガンである“学びの架け橋”を具現化し、誰もが自信をもち能動的に学び、働く価値を伝えています。

<「知識をバトン」篇 30秒>
オフィスでスタッフに囲まれ質問攻めに遭うマネージャ。
「あの、この件なんですけど」「あぁ~なるほど、じゃあこの件って」「これ、これってどうなってるんでしたっけ」
全員が指示待ちの状態に思わず“ほかにできるやついないのかよ……”とぼやくマネージャ。

属人化してしまっている知識、ノウハウ、知見。これをチーム全体の力にするためには――。
ふと気が付くと、マネージャの手にはバトンが。

これだ! 『Know-baton』!

マネージャが自分の知識、経験、ノウハウをさくさく「教材化」していきます。
スタッフは自分のタイミングで「学習」し、自己チェックコメントを入力。
上司がチェックシートで「理解度チェック」、評価コメントを残したら完了。
スタッフの顔写真入り管理画面で一括管理できるからeラーニングも思いのまま。

eラーニングの力で流れるようにバトンがつながっていく様子から、組織において財産となる知識・ノウハウがしっかりと受け継がれていく大切さを切り取ったCMとなっています。

『Know-baton』とは

『Know-baton(ノバトン)』は、教材・マニュアルをかんたん作成してオンラインで配信、理解度チェックシートで研修成果を確認・評価する新しいeラーニングサービスです。社内の知識、業務ノウハウ、知見を確実にバトンして、強い組織作りを実現します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で企業研修のオンライン化が進むなか、費用を最小限に抑えながらすぐにでもスタートさせたいというご要望が増えています。『Know-baton』なら研修のリモート化をすばやく実現すると共に、かんたん教材作成・理解度チェックで組織における「ナレッジ共有」「研修成果の定着」を力強くサポートいたします。

『Know-baton』サイト:https://know-baton.jp/

株式会社デジタル・ナレッジについて

『デジタル・ナレッジ』は、創業より25年にわたり「知識(ナレッジ)」をより効率的・効果的に流通させて受講者に届けること、そしてより良い知識社会の実現に貢献することをコンセプトに、『日本で初めてのeラーニング専門ソリューション企業』として、数多くの組織内研修部門、塾・スクール、高等教育機関に対し2000を超えるeラーニングシステムを立ち上げ、成功に導いて参りました。
お客様と教育に関する夢と想いを共有しながら、私たちがお客様と受講者をつなぐ“学びの架け橋“となり、より良い教育を実現していく。――これを私たちの責任と捉え、先進の教育テクノロジー開発と最新の情報が集まる環境づくりに挑戦し続けています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
研修ソリューション事業部サービス室
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:know-baton@digital-knowledge.co.jp


eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

eラーニングコーディネータに
ご相談ください

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

導入ご相談窓口
050-3628-9240
その他のお問い合わせ
03-5846-2131(代表)

受付時間:平日10:30~17:30
(土日祝日、弊社休業日を除く)

プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
ISMS 認証範囲:eラーニングシステムにおける販売、構築、運用保守業務社
CLS 認証範囲:クラウドサービスの利用、提供








goto top