コロナ禍におけるスクールのオンライン授業に関する調査報告書


eラーニング戦略研究所は、関東・中部・近畿地方の資格・語学・IT・クリエイティブスクールの経営者らを対象に、オンライン授業(Web講座)の実施状況に関する調査を実施し、その結果をまとめた報告書を公開致しました。

その結果、各種スクールにおけるオンライン授業の導入率は81%に上ることが明らかとなりました。内訳は「以前から導入している」39%、「コロナ感染拡大を機に導入」42%で、コロナ禍に講座のオンライン化が急速に進んだ様子が読み取れます。

オンライン授業の導入は「コロナ禍でもスクール事業を継続できた」「受講者が自宅で授業を受けられる環境を提供できた」といったさまざまな成果をもたらしており、その効果を実感した人は実に97.5%に上っています。コロナ禍におけるスクール運営や顧客ニーズの変化を尋ねた質問でも、「オンラインを希望する人が増えた」「オンライン化で新規顧客獲得ができた」「収益が伸びた」といった回答が多く挙げられており、コロナ禍に対面を避け自宅で安心安全に学びたいという消費者ニーズの高まりにすばやく対応したことが、安定的な事業継続や新規顧客獲得につながった様子がうかがえます。一方で、オンライン授業を導入していないスクールでは「新規入学者が減少した」「規模を縮小した」という厳しい意見もみられました。

報告書では、資格・語学・IT・クリエイティブスクール別のオンライン授業の詳しい実施状況や課題、さらには今後の取り組み予定なども含め全53ページの報告書で詳しく伝えています。

▼スクールジャンル別クロス分析も!詳しいアンケート結果は調査報告書の無料ダウンロードから


【本調査結果に見るポイント】

  • オンライン授業の実施率81%。ライブ授業配信・オンデマンド映像授業が主流、コロナ禍を機に急速に導入が進む。
  • 97.5%がオンライン授業に”成果あり“、オンライン導入・未導入で明暗か。「コロナ禍にスクール事業を継続できた」ほか「新規顧客獲得」「収益増加」のケースも。
  • 目指すは“高品質なオンライン授業の拡充”。キーワードは「双方向」「オンラインに最適化されたプログラム」「安定的な通信環境」

アンケート調査概要

調査目的 コロナ禍におけるスクールのオンライン授業の実施状況と課題を調査する
調査期間 2022年1月7日(金)~1月12日(水)
調査方法 Webアンケート方式
調査地区 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県
調査対象 資格・語学・IT・クリエイティブスクールの経営者、教員・講師、運営担当者 計100名
有効回答 100


eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

eラーニングコーディネータに
ご相談ください

メールでのご相談


メールフォームでの
お問い合わせはこちら

資料請求


メールフォームでの
資料ご請求はこちら

お電話でのご相談


導入ご相談窓口

050-3628-9240

その他のお問い合わせ

03-5846-2131(代表)

受付時間:平日10:30~17:30(土日祝日、弊社休業日を除く)
プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
ISMS 認証範囲:eラーニングシステムにおける販売、構築、運用保守業務社
CLS 認証範囲:クラウドサービスの利用、提供








goto top