【3月24日】eラーニングの効果を、今、改めて考える ~コロナ禍で激変した社員教育  eラーニングで学びの行動化はここまでできる!~(再)《オンライン開催》


オンラインセミナー

本セミナーは、開催直前までお申込み可能です。
※誠に勝手ながら、同業他社様はご参加をお断りさせて頂く事があります。


導入実績2000超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)は、経営・組織課題の解決を支援する株式会社ソシオテック研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣川真一)との共催セミナーを2022年2月15日に開催いたしました。
ご好評にお答えして、再配信させていただきます。

コロナ禍が3年目に突入し依然として収束の見通しが立たないなか、リモートワークの急速な普及に伴い、企業における社員教育に劇的な変化が起きています。
私たちは、デジタル技術の必要性がますます認識されてきた今だからこそ、リモート環境においても、eラーニングなどの技術を最大限に活かすことで、より人材育成の効果の維持、向上が実現できると考えます。

<こんな方におすすめ>
・eラーニングの最新動向や活用企業属性と活用方法が知りたい方
・eラーニングの効果を高める最新のインストラクショナルデザインが知りたい方
・eラーニングによる学習についてのこれからの展望について知りたい方
・学びを「習慣化・行動化」させる方法を知りたい方
・能力開発をデータドリブンで行いたい方

お申込みはこちら

概要

eラーニングの効果を、今、改めて考える
~コロナ禍で激変した社員教育 eラーニングで学びの行動化はここまでできる!~

開催日時 2022年3月24日(木)14:00~15:00(オンライン接続可能 13:50~)
共催 株式会社ソシオテック研究所
株式会社デジタル・ナレッジ
会場 オンライン開催(当日はZoomウェビナーで配信予定です。)
※本セミナーはオンライン開催のみです。
費用 無料

プログラム

1 オープニング
2 eラーニングの最新動向と効果的な活用方法の展望
 (株式会社デジタル・ナレッジ)
3 今、求められる学びの行動化、習慣化。データを活用した能力開発
 (株式会社ソシオテック研究所)
4 Q&A
※録画配信ですので、リアルタイムにはお答えできませんが質問はお受けします
5 クロージング

講演者

ソシオテック研究所 新島氏
株式会社ソシオテック研究所
ゼネラルマネジャー

新島 俊英氏


齋藤
株式会社デジタル・ナレッジ
執行役員/COO補佐

齋藤 陽亮


参加方法

セミナー参加マニュアルをご覧ください。


注意事項

  • 参加URLはご登録時に申し込みメールアドレス宛にお送りいたします。

※デジタル・ ナレッジ「no-reply@zoom.us」からのメールを受信できるようにご確認をお願いいたします。

  • 前日に参加URLが届いていない場合は「infoadmin@d-k.jp」へご連絡ください。
  • 配信中は、参加者同士の映像・音声・お名前などは一切伝わりません。
    講演者側の映像・音声だけが配信されますのでご安心ください。
  • 映像が見えない、音声が聞こえないなど正常に作動しなかった方は、大変申し訳ございませんが、 他のパソコン、あるいはタブレットなどの他のデバイスをお試しください。
  • 視聴する機器の不具合や、インターネット環境による不具合などのお問い合わせには対応致しかねます。 原則ご自身にてご対応願います。

お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ
東京本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
TEL 03-5846-2131
FAX 03-5846-2132
e-mail infoadmin@d-k.jp

※Zoomは、Zoom Video Communications,Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。


eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

eラーニングコーディネータに
ご相談ください

メールでのご相談


メールフォームでの
お問い合わせはこちら

資料請求


メールフォームでの
資料ご請求はこちら

お電話でのご相談


導入ご相談窓口

050-3628-9240

その他のお問い合わせ

03-5846-2131(代表)

受付時間:平日10:30~17:30(土日祝日、弊社休業日を除く)
プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
ISMS 認証範囲:eラーニングシステムにおける販売、構築、運用保守業務社
CLS 認証範囲:クラウドサービスの利用、提供








goto top