【8月31日まで受付】 デジタル・ナレッジ カンファレンス2023「AI・最新テクノロジ活用と これからの教育・研修」《見逃し配信》


見逃し配信

見逃し配信のお申込受付は終了しました。
※視聴URLは申し込みメールアドレス宛にお送りいたします。

お申込受付は終了しました
※1社で複数名ご参加される場合は、必ず1名様ずつお申し込みください。

概要

2023年夏のカンファレンスは『AI・最新テクノロジ活用とこれからの教育・研修』をテーマに取り上げます。

急速なデジタル化やリスキリングなど教育・研修の在り方が大きく揺らぐ中、デジタル・ナレッジでは、教育の効果をさらに高めるため、AIや最新テクノロジを活用した様々な取り組みを進めています。
たとえば、業務成果に直結する新しい人材育成・オープンバッジ *1 を活用したスキルマネジメントや、AI・ChatGPT・IRT *2 を活用した学習効率化などです。

本カンファレンスでは、こうした最新テクノロジを徹底解説すると共に、「教育現場でいかに活用すべきか」という問いに対して具体的な先進事例をご紹介。弊社の直近の取り組みを通じ、これからの教育・研修を成功させるためのヒントをお届けします。

<用語解説>

オープンバッジとは *1
資格やスキル、修了証明をオンライン上で表示できるオープンバッジは、国際標準化団体「IMS Global」が認定する世界的な標準規格です。個人が取得した資格やスキル、修了した学習や研修内容、履修や成績データ、バッジの発行元情報、バッジ保有者の氏名や写真、個人情報といったさまざまなデータを、バッジをデザインした画像の中に埋め込むことができます。ブロックチェーン技術を取り入れた強固かつ信頼できる資格・修了証明書として、欧米では主要なグローバルIT企業や大学等で広く活用されています。
IRTとは *2
項目応答理論(Item Response Theory)の略称で、評価項目群への応答に基づいて受験者の知識・技能やさまざまな能力などの特性を測定するための統計的理論です。

プログラム

AI・テクノロジの最新動向とデジタル・ナレッジの取り組み

吉田 自由児
株式会社デジタル・ナレッジ
代表取締役COO

吉田 自由児

概要
デジタル・ナレッジでは、教育効果をさらに高めるための取り組みの一環として、運用管理機能を大幅にバージョンアップしたLMS「KnowledgeDeliver7」、スキルマネジメントサービス「KnowledgeDeliverSkill+」をリリースいたしました。こうした取り組みにはAIや最新テクノロジ活用が必要不可欠となっています。
本セッションでは、AI・ChatGPT・IRT・オープンバッジ等、新しい時代の教育・研修の実現に欠かせないテクノロジの最新動向について、弊社の取り組みとともに多数ご紹介。この後に続く各セッションの概要も取りまとめた全体像をお話しさせていただきます。

<主な内容>
・これからの教育研修に欠かせない最先端テクノロジ
・「教育へのAI活用」の可能性
・今年リリースしたスキルマネジメントサービス「KnowledgeDeliverSkill+」とは
・デジタル・ナレッジの最新の取り組み

最新LMS「KnowledgeDeliver7」と次世代の教材作成・運用管理

野原 成幸
株式会社デジタル・ナレッジ
執行役員 COO室 COO補佐
兼 サービス推進事業部 事業部長

野原 成幸

概要
デジタル・ナレッジのソリューションを支えているのが、導入実績2000を超えるeラーニングプラットフォーム『KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)』です。この度、運用管理機能を使いやすく一新したKnowledgeDeliver7をリリースいたしました。
本セッションでは、20年以上にわたるeラーニング開発ノウハウをもとに生まれ、運用管理をさらに強化しメジャーバージョンアップした最新LMS「KnowledgeDeliver7」と「ChatGPT」の連携や各パートナーとの連携「Connect to KD」についてご紹介いたします。

<主な内容>
・新しく生まれ変わった弊社LMS「KnowledgeDeliver7」とは
・「KnowledgeDeliver7」と「ChatGPT」の連携とは
・各パートナーとの連携について

eラーニングテクノロジの最先端、教育への「AI適用」の基礎とChatGPTの可能性

IMS Japan デジタルバッジ関連標準
国内導入検討部会 副主査
デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所
シニア・フェロー

秦 隆博

概要
教育×最先端テクノロジ領域で、今もっとも注目されているのが「ChatGPTの教育活用」です。AIの教育適用のためには、AIの本質、中でもChatGPT=生成系AIと従来のAIとの違い、実際の活用方法への理解を深めておく必要があります。
本セッションでは、教育×最先端テクノロジに関する調査・研究を重ねているデジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所より、ChatGPTを含めたAI×教育適用の最前線と先進事例についてご紹介します。

<主な内容>
・生成系AIテクノロジの歩みと未来
・AIの教育活用について
・ChatGPTをいかに教育へ適用すべきか

休憩 ~ChatGPT活用デモ映像~

中嶋 竜一
株式会社デジタル・ナレッジ
管理本部長

中嶋 竜一

概要
ChatGPTを日本語教育AIエディタ「トレパJ」を搭載した事例をご紹介します。

IRTを活用したアダプティブラーニング最前線

高橋 直樹
株式会社デジタル・ナレッジ
ICT教材サービス開発事業部
事業部長

高橋 直樹

概要
デジタル・ナレッジでは、IRTを活用し、生徒の学力に合った問題を自動出題できるデジタル教材をリリースいたしました。この教材は「生徒や先生がレベルに合った問題を探すのが手間」「問題が難しすぎてやる気が低下してしまう」といった問題を解決することができます。さらに、自分の学力と問題の難易度がグラフで可視化されることで、モチベーションアップにもつながります。
本セッションでは、IRTを実装したデジタル教材の詳細と、進化するアダプティブラーニング最前線をご紹介します。

<主な内容>
・IRTとは
・IRT×教育活用のポイント
・IRTを実装したデジタル教材の特徴
・これからのアダプティブラーニング

スキルマネジメント活用事例
「リスキリング・Show MeI(ショーメイ)シリーズ」

 nakada
一般社団法人全日本教育研究会
業務執行理事

桑原 淳 氏

 nakada
株式会社エイジェック
経営企画統括本部 事業企画チーム

軽海 烈 氏

 nakada
株式会社デジタル・ナレッジ
教育流通事業部 事業部長

中田康宏

概要
株式会社デジタル・ナレッジは、BPO事業を各業界向けに専門的に提供しているエイジェックグループの教育会社 一般社団法人全日本教育研究会/ANESと、2023年6月8日包括業務締結を締結し、最適なリスキリング・スキルマネジメントサービス「リスキリング・Show MeI(ショーメイ)シリーズ」の販売を開始いたしました。
■プレスリリース( https://anes.or.jp/news/info/20230608/shoumei

本セミナーでは、一般社団法人全日本教育研究会 業務執行理事 桑原淳氏、
株式会社エイジェック 経営企画統括本部 事業企画チーム 軽海烈氏を招いて、このサービスを販売するに至る背景や、市場が持っている課題などについてお聞かせ頂きながら、スキルマネジメントサービスが市場に向けてどのように課題解決していくことを期待しているかお伺いいたします。

<主な内容>
・リスキリング・Show MeI(ショーメイ)シリーズとは
・BPO事業を各業界に向けて提供をするうえでスキル管理の問題点とは
・スキル(技術)とナレッジ(知識)の違いとは
・スキルマネジメントを活用することで期待する課題解決とは
お申込受付は終了しました
※1社で複数名ご参加される場合は、必ず1名様ずつお申し込みください。

開催概要

申込期間 2023年8月31日(木)まで
視聴期間 2023年9月10日(日)まで
視聴方法 オンライン(限定公開リンク)
視聴URLは後日メールでお送りいたします。数日かかる場合がございますのでご了承ください。
費用 無料

注意事項

  • 個人でのご視聴にとどめ、拡散、保存などはご遠慮ください
  • ご視聴後はアンケートへのご協力をよろしくお願いいたします
  • 都合により公開期間を早める可能性があります。お早めにご視聴ください

お問い合わせ

株式会社デジタル・ナレッジ
東京本社 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
TEL 03-5846-2131
FAX 03-5846-2132
e-mail infoadmin@d-k.jp

※Zoomは、Zoom Video Communications,Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。


eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

eラーニングコーディネータに
ご相談ください

メールでのご相談


メールフォームでの
お問い合わせはこちら

資料請求


メールフォームでの
資料ご請求はこちら

お電話でのご相談


導入ご相談窓口

050-3628-9240

その他のお問い合わせ

03-5846-2131(代表)

受付時間:平日9:30~18:00(土日祝日、弊社休業日を除く)
プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
ISMS認証範囲:本社、⻄⽇本⽀社
ISMS-CLS認証範囲:「ナレッジデリ」、「DKクラウド」の提供
認証範囲については弊社HPに掲載








goto top