【活動紹介】解剖学会において日本医科大学様のeラーニング活用報告における、学習履歴分析の協力をいたしました


2019年3月27日(水)から29日(金)、「第124回日本解剖学会総会・全国学術集会」が朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターにて開催されました。その中で発表された、日本医科大学 解剖学教室 瀧澤敬美先生のご研究「eラーニングの分子解剖学(発生・組織・分子細胞医学)総論への導入による学生の学習形態の変化が実習へ及ぼす好影響 」で、弊社プラットフォーム事業部 ラーニング・データ・サイエンティスト畠山が「学習履歴分析」の支援を担当いたしました。弊社は教育現場におけるeラーニングの有効な活用の為、学習分析(ラーニング・アナリティクス)を引き続き支援してまいります。
 media
■「第124回日本解剖学会総会・全国学術集会」について
日本解剖学会総会・全国学術集会は、日本解剖学会の最も大きな柱であり、学会の進歩と普及を図ることで、日本の学術の発展と国民の福祉に寄与することを目的として2019年3月27日(水)から29日(金)
朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターにて開催されました。
詳細:第124回日本解剖学会総会・全国学術集会

【お役立ち情報】教育ビッグデータ早わかり

早わかり

Learning Analytics総合サービス『Analytics+』

分析結果を基にアクションを起こすRobotも搭載した“教育ビッグデータ利活用”
Analytics+は、無料のLearning Analytics総合サービスです。『Analytics+』では、蓄積した履歴の“分析結果の可視化”のみならず、分析結果を基にアクションを起こすオプションメニュー“Robot”を搭載。お勧めを提示する“レコメンド機能”や学習状況に合わせて次の課題を提示する“アダプティブ機能”、退学予兆を事前に察知する“退学予兆検出機能”により、教育ビッグデータの具体的な利活用が可能となります。

Analytics+


プライバシーマーク








goto top