【インタビュー】株式会社明光ネットワークジャパン
個別指導の明光義塾が“映像学習”導入で見据える、未来教育の行方


明光ネットワークジャパン

全国に約2,200もの個別指導専門塾「明光義塾」を展開する明光ネットワークジャパン様。
2013年秋より、高校生を対象とした映像学習『MEIKO MUSE(メイコウミューズ)』を導入、大学受験のための指導体制をさらに盤石なものへと進化させています。
個別指導のパイオニアである同社が、映像学習を導入したワケとは?また、個別指導にかける思いとは?早速お話をお聞きしました。

【写真】:豊田弘行様

明光義塾事業本部

新教材・学習企画室

豊田弘行様

まずは、新しく導入された映像学習『MEIKO MUSE』の概要についてお聞かせください。

高校生を対象とした、明光義塾オリジナルの映像学習です。「受験対策」「受験基礎」「定期テスト対策」の3コースから成り、全講座数は約800に及びます(2014年6月現在)。生徒は自分に合った最適な学習プランに沿って、好きなときにタブレット端末で受講することができます。もちろん、明光義塾の講師による個別授業と併用することも可能です。

今回、映像学習を導入されたのはなぜですか?

大学受験のための指導体系を強化させたかった、というのが主目的です。明光義塾では以前から優秀な講師たちによる個別指導を行なっていましたが、志望校が身近にあり数も限られる高校受験に比べ、生徒の志望校が全国に散らばる大学受験においては、教える側の力量が一層問われます。全国のどこの教室でもレベルの高い大学受験体系を整えるため、よりトータルなシステムが必要でした。

明光義塾の特色である“個別指導”と双璧を成す、新たな軸が『MEIKO MUSE』ということでしょうか。

いいえ、『MEIKO MUSE』もあくまでも個別指導の一環です。弊社サイトなどでは便宜上、「個別と映像」という表現をしていますが、明光義塾では、講師による授業も映像学習もすべて“個別指導”という考え方です。「個別指導による自立学習」を教育理念に掲げる我々としては、『MEIKO MUSE』は教材の一部であり、講師によるライブ授業と使い分けることで、より学習効果が上がると考えています。

映像学習導入にあたり、弊社のeラーニングシステムを採用された理由をお聞かせください。

独自システムをゼロから作ると時間も経費もかかります。とはいえ、既存システムだと弊社の使い方にマッチしない。そのジレンマを解決してくれたのがデジタル・ナレッジのシステムです。使い勝手や機能、インターフェースに至るまで、細かい要望にも応えていただき、明光義塾ブランドの映像学習を完成させることができました。

実際に『MEIKO MUSE』を受講した生徒の皆さんの反応はいかがですか?

「受験に特化した内容で効率よく勉強できた」「苦手な科目が一気に伸びた」「憧れの志望校に合格できた」といった喜びの声をたくさん頂いています。もともと明光義塾では生徒に目標を明確にしてもらい、それに向けて努力するという「未来教育」を非常に重要視しています。目標があれば自然とモチベーションがあがりますしね。また成績が上がった、点数が取れたという事も本人たちにとって非常にモチベーションが上がること。目標を持つ→努力する→結果が出る→更に目標も具体化されモチベーションが上がる……という好循環が生まれています。

新しい映像学習は、各教室の運営サイドではどのように受け止められていますか?

導入後まだ1年足らずですが、導入した教室では概ね「成績が上がった」、「志望大学に合格した」などの結果が出ており、好評です。「今回MUSEを積極的に取り入れたらすごく効果が出た」といった現場の声を聞くと、我々も嬉しいですね。もっとも、そういった直接的な効果だけでなく、たとえば100分の映像学習を生徒が集中して見られたというだけでも、成長が感じられて教える側としては大変嬉しいものなんです。そういった意味では、講師のやる気向上にもつながっているのではないでしょうか。

映像授業をメインに打ち出している学習塾もありますが、他の映像授業にはない、『MEIKO MUSE』の特長や強みとは何でしょうか。

今や映像授業は珍しいものではありませんし、最近では自宅で見られるタイプや料金的にもかなり安価なものも増えています。しかしながら、我々が大事にしたいのは、あくまでも人ありきの教育。ただ一人で映像を見て帰るのではなく、そこに教室長や講師が関わって「今日の授業どうだった?」「受験勉強は順調?」といったやり取りを大切にしています。そうすることで生徒は塾に通うのが楽しくなりますし、生徒のやる気を高め、学習進捗の確認にもつながるからです。

明光義塾では、昔ながらの人ありきの教育、その上での映像学習に意味があると考えています。映像コンテンツそのものにも自信を持っていますが、そこにプラスする形で、教育のプロが個別指導できめ細やかなフォローを行なうという部分は、他社さんに比べて大きな強みではないでしょうか。

今後の展望をお聞かせください。

2015年夏に『MEIKO MUSE』導入1000教室突破を目指して、全国展開を進めています。『MEIKO MUSE』の広がりが高校生の在籍数増にもつながっていくでしょう。明光義塾の教育理念である「個別指導による自立学習」をさらに推進していく上で、『MEIKO MUSE』が大きな力になってくれるものと期待しています。

      

コンテンツ

タブレット学習


ご利用いただいた製品・サービス


お客様情報

名称 株式会社明光ネットワークジャパン
設立 1984年(昭和59年)9月
本社 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目20番1号(住友不動産西新宿ビル 29F/30F(受付30F))

プライバシーマーク
goto top