【プロジェクト報告】ウズベキスタン国 コロナウイルス感染症拡大下におけるeラーニングを活用した数学自宅補習プロジェクト


デジタル・ナレッジの提供する『Studypadサービス』が、「ウズベキスタン国コロナウイルス感染症拡大下におけるeラーニングを活用した数学自宅補習プロジェクト」に活用され、プロジェクトが完了しましたのでご報告いたします。
『Studypadサービス』:https://www.digital-knowledge.co.jp/product/studypad-service/

プロジェクトの背景

デジタル・ナレッジは、独立行政法人国際協力機構(JICA)受託事業『ウズベキスタン国地方学校教員の能力向上及び教育格差是正向けLMSに係る普及・実証・ビジネス化事業』を2019年8月より開始し、ウズベキスタン国(以下、ウズベキスタン)における教員研修、学力試験、日本型民間教育サービスを活用した放課後教室の実証事業を行ってまいりました。この事業の一環として、ウズベキスタンの生徒の数学力向上を目的とした放課後補習を実施しておりましたが、コロナ禍により中断を余儀なくされました。その代替としてこの度、eラーニングを活用した数学自宅補習プロジェクトを実施する運びとなったものです。

プロジェクトの概要

プロジェクト名 ウズベキスタン国コロナウイルス感染症拡大下におけるeラーニングを活用した数学自宅補習プロジェクト
目的 ウズベキスタンの生徒に対して数学の遠隔学習を実施し、同国の生徒の数学の成績向上に寄与する。
活動概要 (1) StudyPadサービスをベースに、ウズベキスタンの生徒向けコンテンツ・解説映像を制作・提供。学習にあたっては事前テストの結果を分析し、生徒一人ひとりに合った個別カリキュラムを作成・配布した。
(2) 生徒はスマホ等のデバイスを用いて、プラットフォーム上で自主学習を実施。ファシリテーターは生徒の受講履歴を確認し、電話やTelegramで学習を促す声かけを行った。
(3) 質問がある場合はZoom上でファシリテーターから説明を受けることができるほか、希望者向けにオンライン個別授業をZoom上で実施した。
(4) プログラム終了後、事後テストにて成果を確認。また生徒、保護者に対するアンケートを実施した。
対象学校 34番学校、59番学校、102番学校
対象生徒 応募者132名のうち、以下の条件を満たす8年生の生徒、計33名を対象とした。
-選抜試験の基準点を満たしている。
-家庭のネット環境(Wi-Fi、デバイスなど)が整っている。
実施期間 2021年6月30日(水)~2021年8月25日(水)


各学校で行われた説明会の様子。システムの操作方法や自主学習の方法を説明した。

解説動画の画面。生徒は解説映像で解き方を確認しながら自主学習に取り組んだ。

主な成果

・事前・事後テストの結果、生徒の平均点が41.1点から46.8点へアップ。(*1)
・もっとも点数が伸びた生徒は事前テスト28点→事後テスト80点と52点の伸びを記録。
・受講時間が1時間増える毎にテストの点数が 約1.2点アップ。
・最後まで遠隔学習に参加していた生徒の満足度は100%と極めて高かった。
・満足度の高い主な理由は、「充実したコンテンツ」「ファシリテーターの指導」「家から参加できる手軽さ」など。
・プロジェクトに参加した生徒の保護者のうち92%(25名中23名)が「今回のような学習サービスをまた利用したい」と回答するなど、非常に高い評価を得られた。

(*1)途中で受講を辞退した生徒のテスト結果を含む

プロジェクト成果の検証と今後への提言

最後まで遠隔学習に参加し、プログラムを完了した生徒は成績が大きく向上しており、遠隔学習に一定の成果が見られました。一方で、先生の勧めで参加した生徒の中には、意欲が低く受講を途中辞退する生徒が少なくありませんでした。受講を辞退した生徒からは「受講の仕方がわからなかった」「学習量が多かった」「教室での授業があれば続けていた」というアンケート結果が得られました。また、システムの使いづらさやコンテンツの翻訳の不備などを指摘する声も見受けられました。全体として、ウズベキスタンの子供たちは自主学習に慣れておらず、生徒が一人で学習を進めるためにはさまざまな工夫が必要なことが分かりました。それは同時に、多くの生徒に自主学習のやり方やシステムの扱い方を啓蒙し慣れ親しんでもらえればさらなる成績向上が期待できる可能性を示唆しています。
デジタル・ナレッジでは、本プロジェクトで明らかとなった遠隔学習やシステム上のさまざまな課題を改善しながら、今後も日本国内の教育ノウハウと当社のeラーニングに関する経験を活用し、海外の子どもたちの学力向上にも寄与出来るよう国境を越えたeラーニングソリューションを提供してまいります。


夏休み明け、遠隔学習に最後まで参加してくれた生徒たちを表彰(102番学校にて)

デジタル・ナレッジのグローバルソリューション

global
デジタル・ナレッジでは「国際開発事業」「海外人材育成支援」「教育事業の海外展開支援」の3つの柱を中心としたeラーニングサービスを提供しております。国内での2000を超えるeラーニング導入実績とそのノウハウを活かし、国境を越えたeラーニングソリューションを実現します。
詳細はお気軽にお問合せくださいませ。
詳細:https://www.digital-knowledge.co.jp/solution/global/


■会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明/代表取締役COO 吉田 自由児
URL: https://www.digital-knowledge.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:教育ICTサービス事業部
TEL:03-5846-2155
E-mail:study@digital-knowledge.co.jp


eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

eラーニングコーディネータに
ご相談ください

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

導入ご相談窓口
050-3628-9240
その他のお問い合わせ
03-5846-2131(代表)

受付時間:平日10:30~17:30
(土日祝日、弊社休業日を除く)

プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
ISMS 認証範囲:eラーニングシステムにおける販売、構築、運用保守業務社
CLS 認証範囲:クラウドサービスの利用、提供








goto top