【プレスリリース】放課後児童クラブでの活用に最適!デジタル英語教材 『mpi英語プログラム』 放課後児童クラブキャンペーンを開始。


導入実績2000超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)は、放課後児童クラブでのご活用に最適な小学生向けデジタル英語教材『mpi英語プログラム』放課後児童クラブキャンペーンを開始いたしました。

 

 

キャンペーン概要

名称:『mpi英語プログラム』放課後児童クラブキャンペーン
期間:2022年4月15日(金) ~2022年4月30日(土) 23:59
対象:放課後児童クラブ
内容:期間中のお申し込みで、5月の1ヶ月間無料で『mpi英語プログラム』をお使いいただけます。
申込:https://www.digital-knowledge.co.jp/product/studypad-service/studymarket/mpi/

mpi英語プログラムとは

『mpi英語プログラム』は、学習塾をはじめ、「小学校英語」に初めて取り組む方々のために開発された、PCやタブレット・スマートフォンを活用して子どもたちが自立して学ぶデジタル教材です。豊富な英語のインプットで、子どもたちは英語4技能(聞く・話す・読む・書く)を自然に身につけていきます。

詳細はこちら:https://www.digital-knowledge.co.jp/product/studypad-service/studymarket/mpi/

こんな方におすすめ

  • 他の放課後児童クラブとの差別化を図りたい。
  • 子どもたちが楽しく学べる英語教材を探している。
  • 英語を教えたいが英語指導のノウハウがない、指導者がいない。
  • 学校から支給されたタブレットを有効活用したい。
  • 生徒一人ひとりのペースで学習できる英語教材を探している。
  • 対面集団授業からオンライン自立型学習に切り替えたい。

導入教室の声

  • 教室で学ぶ以外に、タブレットを利用した自宅学習の習慣が身につきました。
  • こどもたちが楽しそうに学んでいます。
  • 映像と音声があるのでこどもたちが喜んで受けています。
  • ワークブックもあるのでしっかりと鉛筆で書く練習ができる点も良いです。
  • mpi松香フォニックス社教材の重要なポイントがきっちり短時間にまとめられていて使いやすいです。

お客様の声はこちら:https://www.digital-knowledge.co.jp/product/studypad-service/studymarket/mpi/#anchor-voice

株式会社デジタル・ナレッジについて

『デジタル・ナレッジ』は、創業より26年にわたり「知識(ナレッジ)」をより効率的・効果的に流通させて受講者に届けること、そしてより良い知識社会の実現に貢献することをコンセプトに、『日本で初めてのeラーニング専門ソリューション企業』として、数多くの組織内研修部門、塾・スクール、高等教育機関に対し2000を超えるeラーニングシステムを立ち上げ、成功に導いて参りました。
お客様と教育に関する夢と想いを共有しながら、私たちがお客様と受講者をつなぐ“学びの架け橋“となり、より良い教育を実現していく。 ――
これを私たちの責任と捉え、先進の教育テクノロジー開発と最新の情報が集まる環境づくりに挑戦し続けています。


【会社概要】
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明/代表取締役COO 吉田 自由児
TEL:03-5846-2131 050-3628-9240(導入ご相談窓口)
E-mail:infoadmin@d-k.jp【本件に関するお問い合わせ】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:教育ICTサービス事業部
TEL:03-5846-2155
E-mail:study@digital-knowledge.co.jp


eラーニング導入のメリット・デメリットをもっと知る

eラーニングコーディネータに
ご相談ください

メールでのご相談


メールフォームでの
お問い合わせはこちら

資料請求


メールフォームでの
資料ご請求はこちら

お電話でのご相談


導入ご相談窓口

050-3628-9240

その他のお問い合わせ

03-5846-2131(代表)

受付時間:平日10:30~17:30(土日祝日、弊社休業日を除く)
プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
ISMS 認証範囲:eラーニングシステムにおける販売、構築、運用保守業務社
CLS 認証範囲:クラウドサービスの利用、提供








goto top