伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
社内セルフラーニングインフラの構築


お客様のニーズ

社内情報インフラ構築プロジェクト(eWork@CTC)の一環としての社内セルフラーニングインフラを構築したい。


導入を決めた理由

海外での情報インフラの利用例を視察した結果をふまえ、また日本の特性を考え、HRMに近いeラーニングや研修の延長としてのeラーニングではなく、社内セルフラーニングを構築したいと考えた。その目的にもっともsあっていたのが選定の理由。

■教育対象者(対象者数)
知識発信者が望む、対象者(10,000人規模で利用)


解決のための施策

  • 利用率向上のための認証サーバを利用したシングルサインオン。
  • 運用の手間を削減するためのユーザデータの連携。

導入後の運用と今後の展開

まずは、セキュリティ教育や環境教育など全社的な教育から、メーカと協力して商品の販売方法などの配信。現在7~8コースが行われている。セルフラーニングも既に推進しており、その文化も徐々に浸透しし始めている。

導入経験から・システムに関する要望

導入時に運用イメージを明確にしておくことで導入後の混乱は避けられる。定量的な目標をもつより、定性的な目標を持つところから始めるべき。システムへの要望としては、コースによってはユーザ登録時に自動的にコース割り当てが行われるようにして欲しい。

お客様のサイト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

お客様情報

名称 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
設立 1972年4月1日
資本金 21,763百万円
従業員数 社員数 7,228名(CTCグループ、2010年4月1日現在)
所在地 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル

プライバシーマーク
goto top