株式会社実務教育出版【インタビュー】
自社の財産であるコンテンツを有効活用!「既存の通信講座」+「eラーニング」の成功事例


務員試験の受験対策において、60年以上の指導実績を誇る実務教育出版様。公務員を目指したことのある人なら誰でも知っている「公務員試験 受験ジャーナル」「速攻の時事」「スーパー過去問ゼミシリーズ」など数々の名著を出版すると共に通信講座も提供され、多くの受験生を合格へと導いてこられました。その通信講座に新しく導入されたのが、「Jトレ+」というeラーニングサービスです。もともと定評のあった通信講座にeラーニングを付加されたその目的とは何だったのでしょうか。
インタビューでは、企業が有する財産ともいうべきコンテンツやノウハウをいかに有効活用すべきか、実際にどのように形にしていったか等、詳しいお話を伺うことができました。

株式会社実務教育出版様

株式会社実務教育出版
指導編集部 部長 小山明子様(写真)
通教・出版広告営業部 部長 伊東一恵様

お客様のニーズ

  • 公務員試験対策の通信講座に学習効率向上、実戦力アップ、弱点克服などのさらなる価値を付加したい。
  • スマホで手軽に勉強できる環境を受講者に提供したい。
  • 当社の財産である数十年分の過去問、丁寧な解説文を活かした教育サービスを形にしたい。

導入後の成果

  • eラーニングサービス「Jトレ+(ジェイトレプラス)」を導入。
  • 過去問12年分を科目別・テーマ別に編成してeラーニングに収録。印刷物では難しい膨大な過去問の提供を可能にしたことで、出題傾向の把握や類題演習による解法習得がさらにしやすくなった。
  • スマホ受講が7割に達するなど、スキマ時間の徹底した問題演習で学習効率化に成果を上げている。
  • テーマや難易度等で問題を抽出できる検索機能、自己チェックを記録できる信号機アイコン機能、スマホに特化したUIの最適化など、eラーニングシステムのカスタマイズにより目指していた教育サービスを形にすることができた。
  • 今後は、公務員試験以外の資格試験対策についてもeラーニングを活用したコース展開を検討していきたい。

通信教育にeラーニングを導入した理由

「Jトレ+」とはどのようなサービスですか。

小山様:公務員試験を受験される方のためのeラーニングサービスです。当社の通信講座「公務員合格講座」(大卒程度の公務員試験受験対策)の受講者向けに、2016年末より提供を開始しました。

公務員試験の受験対策において、実務教育出版様は64年もの伝統と実績をお持ちと聞いています。もともと定評のある通信講座にeラーニングを付加された背景にはどんな思いがあったのでしょうか。

小山様

小山様:通信講座は予備校などの集合授業とは違い、自分の都合や生活スタイルに合わせて学習を進められるという利点があります。一方で、ペース配分が分からなくなったり中だるみをしてしまったりという側面もありました。そこで通信講座の受講者の方々に対し、学習効率向上や個々の状況に応じた実戦力アップ、弱点克服をもっともっと効果的に実現できる方策はないものか――そういったことを検討する中でeラーニングの導入に焦点を絞りました。
また、当社の財産である、公務員試験の過去問や解説のデータを有効活用したいという思いもありました。

といいますと?

小山様:公務員試験は筆記試験の出題科目や問題形式、出題傾向が例年ほぼ踏襲されています。そのため、過去問や出題傾向に添った練習問題に数多く触れることが、一番効率の良い受験対策となります。
当社では公務員試験の過去問を数十年分管理しています。また、一つひとつの解答に対し丁寧な解説を独自に作成しています。こうした蓄積こそが当社の財産です。これらを活かしながら、受講者一人ひとりがより効果的に、自分のペースで勉強していただけるものを実現したいという目的で、デジタル・ナレッジさんのKnowledgeDeliverを使った「Jトレ+」を導入する運びになりました。

eラーニングプラットフォーム「KnowledgeDeliver」をお知りになったきっかけと採用の決め手をお聞かせください。

小山様:eラーニングについて情報収集をする中でイベントに参加した際、デジタル・ナレッジ社の吉田さんの大変面白い講演を聴かせていただきました。手掛けていらっしゃる多数の事例を拝見し、私どもの提供したいものが実現できそうだと思ったのが最初のきっかけです。
他社さんともコンタクトは取りましたが、やはりKnowledgeDeliverのプラットフォームが私たちの理想とするところに近く、細かいカスタマイズも可能ということでしたので導入を決めました。

導入前に懸念されていたことはありましたか。

小山様:eラーニングに搭載したい過去問等のボリュームがかなり大きいものでしたので、うまくプラットフォームに流し込めるかという点で、いろいろと試行錯誤したりアドバイスをお願いしたりしました。
また、受講者の主な年齢層が20代と若く、スマホで勉強したいというニーズがありました。私どもは普段PCで仕事をしていますしテスト画面などもPCで見ることがほとんどですので、小さいスマホの画面で本当に勉強していただけるのかな、という心配はありましたね。

7割がスマホ受講!12年分の過去問をポケットに入れて持ち運び

それでは、導入後の利用状況をお聞かせください。心配されていたスマホ受講に関してはいかがですか。

小山様:それが思った以上にスマホで受講される方が多かったんです。全体の7割くらいでしょうか。ちょっとしたスキマ時間にもスマホで問題を解いたりすることができ、学習効率向上につながっているようです。

スマホ受講をしやすくするためにどんな工夫をされましたか。

小山様:図版などが多いので、横に並べて画面いっぱいになることは避け、なるべく縦に配置するなどレイアウトに気を付けました。あとは、10~15分くらいで完結するような短いコンテンツを意識しました。

伊東様:マルチデバイス仕様なのも大きかったのではないでしょうか。PC、スマホ、タブレットなど様々なデバイスからアクセスでき、しかも自宅のPCで学習した続きを外出先でスマホ受講する、といった使い方が可能な点も「Jトレ+」の特長だと思います。

他の公務員試験対策講座にはない、「Jトレ+」の強みとはどんな部分でしょうか。

伊東様:先ほど小山がお話ししました通り、当社では公務員試験の過去問を何十年分と管理しています。ここまで膨大な過去問を管理されているところはほかにはいらっしゃらないと思います。

小山様:公務員試験の問題については一部公開されていないものがあります。当社では通信講座の受講者や問題集の読者さんから実際の試験問題情報をお寄せいただき、それをもとに復元や分析をするという作業を長年やっており、その蓄積の豊富さには自信を持っております。

伊東様:そうした積み重ねが、出題傾向に添った問題の選定力につながっているのではないかと思います。合格するためにやらなければならない問題をお客様に提供できる、それを結集させた問題集を多数出版しているのが当社の強みです。公務員試験の対策講座を提供されている他社さんの中には、当社の問題集を使われているところもあるくらいなんです。

小山様:その何十年分の過去問の蓄積のうち、直近の12年分のデータを「Jトレ+」に収録しています。紙だと何十冊にもなってしまいとても持ち歩いたりすることはできませんが、それがすべてスマホに入っていて、いつでもスキマ時間に勉強できるという点がいちばんのポイントかなと思います。

システムのカスタマイズで自社の強みを形に

なるほど。導入前に目指されていた「財産である豊富な過去問を活かしたeラーニング」をしっかりと実現されているんですね。ほかにもここには力を入れた!という機能はありますか。

小山様:出題テーマや難易度を設定することで、自分の探したい問題を抽出できる検索機能です。苦手分野の強化や出題頻度の高いテーマに繰り返し取り組みたいときに便利です。

実務教育出版様①
伊東様:eラーニングを導入するときにすごく検討したのが「信号機マーク」です。これは、理解度の自己チェックを3段階で記録できる仕組みです。たとえば、青は「十分理解できた(時間があれば見直し)」、黄は「理解不十分(要注意)」、赤は「理解できなかった(必ず見直し)」など、受講者が自分なりに決めた基準で自己チェックを記録しておけます。これを使えば、時間をおいて赤マークの問題だけを抽出して再チャレンジするといった効果的な学習が可能です。

信号

テストの点数などではなく、学習者自身の意思が記録できるんですね。とても面白い仕組みですね。

伊東様:受講者からも、「機械的ではなく自分の感覚で決められるのがいい」「付箋を貼れるような感覚で使い勝手がいい」と好評です。開発のときにどういう風にするべきか散々悩みましたので、これを入れられたのは本当に良かったなと思っています。
※過去問の収録、問題検索機能、自己チェック機能などはKnowledgeDeliverをカスタマイズしてご提供。

システムをカスタマイズして提供された内容はほかにもありますか。

小山様:細かいところだと、教材作成画面の問題文や解説文の最大文字数を増やして頂きました。これにより、当社の財産である過去問、丁寧な解説文をeラーニングに入れ込むことができました。試験日までのカウントダウン日数をホーム画面に入れるなど、デザイン面でもいろいろな工夫をしています。スマホに特化したUIの最適化もそうですね。こうしたカスタマイズにより、私どもが提供したかったものを一つひとつ実現していただきました。

使いながらさらに良いものへ。それができるのがeラーニングの魅力

実務教育出版様としては今回が初めてのeラーニング導入でしたが、実際に導入から運用までを経験されてなにかお気づきになった点はありますか?

小山様:eラーニングの良さというのは、使い始めてからも微調整をしていけるという点ではないかと思います。私どもも導入後、思ったよりスマホで受講される方が多いということで、過去問以外にスマホを意識した穴埋め(短答)式や手軽なミニテスト、PDF教材を追加したり、部分的なシステム改修をお願いしたりしました。

実務教育出版様④

弊社の担当コーディネーターの対応はいかがでしたか。

小山様:開発時からこちらの希望をどう形にするかということをよく考えてくださいましたし、とても誠実な、頼りになる対応をしていただきました。出来上がったものを見て、「やっぱりここはこうした方がよかった」と思う所もありますよね。そういうときも快く改修対応していただきました。受講者の皆さんにとってより使いやすく、意味のあるものを目指して改善を積み重ねているという実感がありますし、そこはデジタル・ナレッジさんのご協力あってこそだと思います。

受講者の皆様の反応はいかがでしょうか。

小山様:アンケートや合格体験記を見ますと、あまり勉強する気が起こらないときでも「Jトレ+」ならできるというような意見が結構ありました。受験勉強は蓄積だと思いますから、とっつきやすく継続しやすい「Jトレ+」が成果につながっているのかなと思います。
もともと通信講座の受講者の方は予備校に通う時間が取れないという人が多いので、スキマ時間を有効に使える「Jトレ+」は受講者の皆さんのニーズに大変合っていたのではないかと思います。「我々受講生の強い味方になりました」なんて評価をいただくと、やはりうれしいですね。

  • 自分がチェックしたところや、難易度・重要度などで検索できる機能が良かった。間違いやすいところや自分の苦手分野が分かり、弱点克服に活用できた。
  • 正解すると○が出るのが嬉しくてモチベーションにつながりました。どのくらい問題を解いたか表示されるため、勉強を進めている実感もあり、自信につながりました。
  • スマホやPCから教材を閲覧したり問題演習ができるおかげで繰り返し演習を習慣づけることができ、合格に繋げることができました。
  • 外出先でも学習を進めることが出来たので大変便利でした。特に過去問が10年以上も揃っていたので有意義に使用させて頂きました。

2019年に実施したユーザーアンケート結果(一部抜粋)

自社が持つ多数のコンテンツをeラーニング化していきたい

御社の理念や事業戦略において、「Jトレ+」はどのような意味を持つものになりましたか。

小山様:たとえば、新卒採用の「適性検査」の定番として知られるSPI対策について、学生が個人で対策できるものを探しているという学校さんもあります。当社では公務員試験以外にも、SPI対策やさまざまな資格試験対策の出版物を取り扱っていますので、こうしたコンテンツをeラーニング化してより多くの方に届けていければと考えています。「Jトレ+」はそうした新たなチャレンジに向けた大きな一歩になりました。

最後に、今後の取り組みや展望をお聞かせください。

小山様:直近の取り組みとしましては、「Jトレ+」を気軽に体験できるお試しID設定のご提案を頂きましたので、通信講座の受講を迷っている見込み客の方に「Jトレ+」を無料でお試しいただき、実際の使い勝手等を知っていただいて受講促進につなげていきたいと考えています。
また、基本的な勉強は済んでいて問題演習のみたくさんやりたいという方もいらっしゃいますので、各ニーズに添ったコース展開を考えていきたいですね。ベースになるコンテンツはありますので、どこをどう組み合わせ、どういったニーズの方に何を提供するかということをフレシキブルに考えていきたい。このeラーニングシステムの特長を活かしながら、私どもも研究を続け、今後もより良いものをご提供していければと考えています。



ご利用いただいた製品・サービス

お客様のサイト

https://www.jitsumu.co.jp/

お客様情報

名称 株式会社 実務教育出版
沿革 1927年(昭和2年)創業
1950年(昭和25年)3月 法人設立
1973年(昭和48年)5月 事業会社設立
所在地 東京都新宿区新宿1-1-12

プライバシーマーク
ISO27001(ISMS)認証 ISMS-AC認定 ISO27001(ISMS)認証 ISMS-CLS(クラウドセキュリティ)認定
認証範囲:本社








goto top