分野別にみる 教育ビッグデータの可能性 – 社会人向けスクール①


語学・資格取得・ビジネススクール等。多忙な社会人に向けて、より訴求力のあるスクールにするためのヒントを紹介します。

スキマ時間の学習履歴もすべて統合
指導カルテ(履歴の集中管理)

自宅で取り組んだ模擬テストや通勤中に取り組んだ暗記ツールなどの履歴も含めて総合的な指導などを行う事ができます。教室での学習だけではなく、自宅での学習などを統合することで、受講者の全体を見た学習指導を行う事ができます。


スコアアップや合格の近道を明快に提示
合格者行動分析、データ指導

経験やカンだけに頼らない、受講者にとって納得しやすいデータに基いた指導を行うことができます。過去の受講者の学習履歴や行動履歴と、模擬テスト得点など結果情報と共に分析することで、対象受講者が目指す結果の過去の受講者とどう違うのかを得ることで、この単元を強くしたほうが良い、生活習慣をこうしたほうが良い、などを指導できます。


受講者のアップセルを実現
(上位講座の提案)

受講者の履歴を分析することで、次に履修するべきコースを提示したりアドバイスできます。

知っておきたい!指導カルテ
きめ細かな学習指導を行うには、まず受講者の学習進捗や弱点を把握するために学習履歴を取りまとめて最適に可視化する必要があります。受講者の状況を把握した上で教員は指導を行いますが、この指導の履歴も適切に保持することで無駄のない一貫した指導が行えます。

各学習の学習履歴や行動履歴の蓄積されたLRS のデータをもとに、指導カルテの学習記録を作成します。この学習記録をもとに教員が指導した内容もLRS に記録した上で、指導カルテの指導履歴として表示します。

図5:指導カルテのデータの流れ
図5:指導カルテのデータの流れ


関連製品・サービス


プライバシーマーク
goto top