【新卒/中途】一緒にやりたい方! この指とーまれ!

By | 2014年7月16日

皆さん、こんにちは。ヒゲです。

今回は弊社、株式会社デジタル・ナレッジが新卒/中途の募集をしてますよー というご案内なのですが、その前にわたくしごとの話題をひとつ。

わたしは創業期のメンバーのひとりなのですが、どういういきさつでこの会社に入るようになったのか、という話をしましょう。

株式会社デジタル・ナレッジは1995年12月20日の創業で、もうすぐハタチという会社です。

私がこの会社に入ったのは1996年1月〜2月にかけて。日付は正確に覚えていないのですが、その年のバレンタインに会社で義理チョコを貰ったのを覚えているので1996年2月14日より以前なことは間違いありません。

当時、私は大学生でして、大学でCAI(Computer Aided Instruction)の研究をしておりました。いわばeラーニングの前身です。

『寺田の鉄則』やラジオ講座でおなじみだった寺田文行先生の研究室に在籍し、「力学問題学習支援システム」という研究をやっておりました。

斜面に滑車やバネやおもりをつないで動きを計算する物理学の典型的な問題がありますよね。

これを学習者に出題し、描画させて方程式を入力させることで、その学習者の知識をコンピュータで推論し、適切な指導を行うというような研究でした。

この成果などを研究室のHPで公開していたところ、教育関係のベンチャーを立ち上げたいと思っていた弊社の代表(はが弘明)の目に止まり、コンタクトが来たというのがきっかけでした。いきなり見ず知らずの人からメールで「会いませんか」ときたわけです。あやしさ100%です。

当時は時間だけは持て余すほどあり、好奇心もありましたし、友人らに相談すると

「あやしいー でも別に失うものはないから行ってみたら?」

ということで会うことになりました。

青山の古いマンションの一室、そこをノックすると、当時29歳だった代表(はが弘明)が出迎えてくれ、地下の喫茶店に行こうと言われました。

あ、あやしい・・・ 新たなキャッチセールス? え? 拉致?
その地下の喫茶店で、印刷した資料を見せられ「こういうことをやりたいんだ!」と2、3時間ぐらい話がありました。Windows 95が出てPCが家庭に入り込んでいく。教育内容をコンテンツとして捉え、これをデジタル化し集約し流通することで新たな世界が切り出せるのではないか? そういう資料だったように記憶しています。

コレはなかなか面白いじゃないか、ということで、「ええ、じゃあ一緒にやりましょう」とその場でなんだか決まっちゃって、その場で給料(固定給)も決定。(学生の身としては結構な額でした)

それでこの会社、当時は有限会社テレコム学習ネットワークで働き始めることになったのです。

創業当時はMacromind Directorというソフトを使ってシステムを作っておりました。LINGOというこれまで触ったことのないプログラミング言語を覚え、おびただしい本数のジタンというフランス煙草を吸ってプログラミング開発を行っていました。

実は同時に私は東小金井のスタジオジブリというところに通っており、高畑勲監督の下で演出の勉強をしていました。なぜか当時のことがWikipediaに掲載されてます・・・

当時のジブリは『耳をすませば』を制作・公開、『もののけ姫』の準備を進めていた頃でした。

将来はこっち方面(映画やアニメーション)に進もうと思っており、会社でのシステム開発は腰掛け程度にしか考えてなかったのです。

というわけでこの業界で就職しようというときに、ジブリのプロデューサー(今や有名になられましたが)からとあるスタジオを紹介され、そちらに面接に行って、じゃあやろうかということになりました。

その帰り、会社に立ち寄り、どうやら就職が決まった、というような話をしました。

「でも、あのスタジオは、どうもオタクっぽくて嫌なんですよねぇ」
というようなことを言いました。

2年に1本程度の映画を作るスタジオと、テレビアニメやその他委託されたアニメを月に何本も制作するスタジオとでは、メンタリティもクオリティも仕事への姿勢も全然違ったのです。

それで、先ほどのように

「でも、あのスタジオは、どうもオタクっぽくて嫌なんですよねぇ」

と言ったわけです。

そうすると、はが

「じゃあさ、うちの会社に来なよ」

と言い、それから一晩かけて(徹夜で)私を説得したわけです。

わたしも、つい

「ええ」

と答えてしまい、それが今に至る訳です。

高くついた「ええ」でした。

物事のきっかけがどこから始まるかなんてわかったものではなく、決して正面玄関がノックされるわけではないな、というのを、後で振り返ってしみじみ感じたりします。

ちなみに、創業時の経緯やちょっとした変遷はこちらでも紹介しております。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は株式会社デジタル・ナレッジの新卒・中途採用向けの会社説明会の案内です。

デジタル・ナレッジはeラーニングの会社ですが、様々なスキルを持った人が業務しております。

システム会社なのでエンジニア/プログラマはもちろんですが、ディレクターや営業職、コンテンツ制作、総務経理などなど、様々な職種の人が在籍しております。

数年前より新卒採用を行っておりますが、今年も絶賛募集中です。

そして、今年は初のチャレンジ、会社説明会を開催することになりました。

8月1日(金)10時〜12時

秋葉原の弊社オフィスで開催します。

当日は代表の「はが弘明」(私を拉致った人)が弊社を取り巻く環境や今後のビジョンについて語ります。さらに取締役 管理本部長の近藤(私に義理チョコをくれた人)が採用までの流れについて説明いたします。

今回は新卒の方だけではなく、中途の方も同時に募集しておりますので、転職を希望される方も是非ご参加いただければと思います。

詳しくは下記サイトよりご案内しておりますのでご覧ください。事前申込もこちらのサイトより行えます。

ぜひこの機会に株式会社デジタル・ナレッジのことを知って頂き、今後の働く場として検討いただければと思います。

ご一緒にeラーニングや教育をもり立てていければと思っております。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。