Mac Fan 2012年5月号に掲載されました

By | 2012年3月30日

皆さん、こんにちは。ヒゲです。

3月も終わりが近づき、ここにきてようやく遅い春が訪れようとしています。
我が家は桜の名所のそばにあり、毎年大勢の人が訪れにぎやかになります。

最寄り駅からの道順が分かりにくいので、この時期になるとあちこちに看板が立てかけられ、駅や桜の名所の場所の方向を掲示しています。
毎年桜が咲く前にこの看板が設置されるので、この看板を見ると「ああ、春が来たなぁ」と感じます。
今朝、駅に向かう途中でこの看板をみかけました。
今日から桜まつりが開催、いよいよ春です。
さて、今日は雑誌に掲載されましたというご案内です。

3月29日に発売されました雑誌『Mac Fan 2012年5月号』のiBooks Authorの活用術を解説する新連載「Look Up! iBooks Author」内のインタビューページに、デジタル・ナレッジが取り上げられました。

eラーニング専門ベンダーである弊社からみた、iBooks Authorおよび教育現場におけるマルチタッチブックの可能性に関する情報が掲載されています。
近年、大学を中心として高等教育機関でもiPad等の導入が進んでおり、これらタブレットとeラーニングの共棲、iPad/タブレットや電子書籍/iBooksの利点や活用方法、普及のための課題などについてお話させていただいております。
また、弊社が2月よりサービスをスタートした『大学・高等教育機関に向け「iTunes U」導入支援サポートサービス』についてもご紹介いただきました。
ご興味のある方は是非お買い求めの上、ご一読ください。
掲載された紙面はこんな感じです。
「ヒゲ」こと私も写真入りで登場しております。
周りからは「おなかすいてそう」とか「なさけない顔」とか「かなしげな表情」など、いろいろ言われております・・・ 
iBooks Authorは電子書籍を作成するときには(今のところiPadでしか見られませんが)、これからのスタンダードになりそうな気配もあり、今号からスタートするMac Fanさんの当連載も楽しみです。
ちなみに私は子供の頃からかなりへヴィーなパソコン少年でして、NECのPC-8801やPC-9801を持ってましたが、1992年からMacユーザです。個人としては一度だけWindowsのノートを購入したことはありますが、それ以外は一貫してMacを使い続けております。
そういうわけで、他でもないMac Fanさんに掲載されたのはちょっと嬉しいです。
それにしても一般のPC雑誌にまでiBooksやその事例としての教育利用が掲載されるのというのは、感慨深いものがあります。教育ITやeラーニングが広まってきているのだなぁというのを感じます。
iBooksやiTunes Uを教育でご活用されたい、という方は是非お声がけください。